読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1271555
0
うっとうしい気分を変える本 ゆとりと元気を取り戻す心のスパイス81
2
0
0
0
0
0
0
NEW
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
52 ケンカや行き違いで相手を責めたくなったら

『うっとうしい気分を変える本 ゆとりと元気を取り戻す心のスパイス81』
[著]樺旦純 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 誰かとケンカをしたり、気持ちの行き違いがあったときには、「あなたが時間にルーズだから、映画に遅れちゃったじゃないの」などと、相手を責めることがあります。

 これが、たまのことならそのつど仲直りしたり、解決すればいいのですが、この「あなたが〜だから」が、日常の会話の中にひんぱんに登場するようになると、コミュニケーションがうまくとれなくなります。

 言われているほうは、常に責められていることになるからです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1284文字/本文:1486文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次