読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1271631
0
織田信長101の謎 知られざる私生活から、「本能寺の変」の真実まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q26 「岐阜」という地名を命名した人物はだれか

『織田信長101の謎 知られざる私生活から、「本能寺の変」の真実まで』
[著]川口素生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 信長の前半生は、少年時代、尾張統一時代、美濃出兵時代などに分けることができます。前半生の中でも、永禄(えいろく)十年(一五六七)八月に美濃稲葉山(いなばやま)城(岐阜市)を攻略。斎藤龍興(たつおき)道三(どうさん)の孫)を滅亡に追い込んだことはきわめて重要な意味を持つように思います。城の攻略後、信長は加納(かのう)への楽市(らくいち)の発令(Q35参照)、印文「天下布武(てんかふぶ)」の使用(Q33参照)などを矢継ぎ早に行ないましたが、他にも有名なことをやって退()けています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:938文字/本文:1182文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次