読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1271660
0
織田信長101の謎 知られざる私生活から、「本能寺の変」の真実まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q52 桶狭間で大勝を収めた勝因は何か

『織田信長101の謎 知られざる私生活から、「本能寺の変」の真実まで』
[著]川口素生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 永禄(えいろく)三年(一五六〇)五月十八日、今川方の先鋒は信長方の丸根(まるね)鷲津(わしづ)両砦(りようとりで)(名古屋市緑区)に接近しますが(Q53参照)、信長は軍議も開かずに重臣を帰宅させました。

 翌十九日早朝、今度は両砦が今川方の猛攻にさらされている旨の急報が入ります。信長は幸若舞(こうわかまい)敦盛(あつもり)』の一節を舞い、甲冑(かつちゆう)を着けさせながら湯漬をかき込み(Q43参照)、尾張清洲(おわりきよす)城(愛知県清洲市)を飛び出しました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1035文字/本文:1270文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次