読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1272261
0
駆け引きと裏読みの技術 使えるビジネス心理ゼミナール
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜ、ビジネスマンは誰も彼も出世をめざすのか

『駆け引きと裏読みの技術 使えるビジネス心理ゼミナール』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

――「タテマエを利用してホンネを通す」のビジネス心理 ――

 


 人には、「自己承認欲求」という欲求があります。他人に認めてもらいたい、という気持ちです。自分の自分に対する評価はともかくとして、他人には「すごい」と賞賛してもらいたい。

 社会的地位が高いということは、手っとり早く、わかりやすく、自己承認欲求を満足させてくれます。

 また、「達成欲求」というものもあります。自分の中である目標をたて、それを成功させ、達成していくことに満足感をおぼえるのです。

 けっして出世だけが目標となるものではありませんが、出世も一つの達成ですから、やはりできるものなら出世したいのが人間の気持ちです。
「支配欲求」も、出世欲と強く結びついています。他人に指図したい、人を思うように動かしたいという欲求です。出世すれば、それまでより自分の権限の及ぶ範囲が広くなり、より他人を支配できますから、支配欲求の強い人は、特に出世をめざすでしょう。

 こうした欲求は、強い人もいれば、弱い人もいます。

 フリードマンとローセンマンは、出世欲の強い管理職タイプの人間を「タイプA」と命名しました。タイプA人間の特徴は、精力的で世話好きな活動家。いつも時間に追われていて、周囲の人に認めてもらいたいという承認欲求が強い人です。

 責任感は強く、攻撃的。好奇心旺盛で、仕事も趣味も、なにごとも一所懸命やります。自信家で、頭もよいので、自分の力であらゆるものをコントロールできると考えています。努力家で、コントロールを失いそうになると、自分の努力がまだまだ足りないと思い、もっとがんばる、がんばり屋です。

 こんな人ですから、仕事でも成功し、出世する確率が非常に高い。ただ、危険なのは、世の中はさまざまな予測不能なことが起こりますから、そうそういつもタイプAさんの思いどおりにはいかないんですね。ところが、この人は、すごい努力家ですから、いくらがんばっても結果に結びつかないと、やる気を失ってしまう。突然、うってかわって無気力人間に変身してしまう可能性があるのです。

 反対に、こうした欲求の強くない人もいます。出世はどちらでもいい、とそれほどこだわらないタイプです。人にあれこれ指図しようと思わないし、人にはそれぞれの得意なことがあるのだから、個性を発揮してやりたいことをやればよい、というような考えを持った人です。

 また、人に「こうしなさい」とはっきり言ってもらったほうが気が楽という主体性のないタイプも、出世欲は強くありません。

 人の指図を受けたくないタイプA人間ばかりだと、人間関係がギスギスになってしまうでしょうが、支配欲求が強くない、人の指図を受けるほうがいい、という人も世の中にはいる。

 反対の人間同士で組みあわさっていれば、お互いにやりやすく、うまくいくわけです。

 あなたは、どちらのタイプの人間でしょうか。

 もしも、出世タイプでないならば、奥さんにやいのやいの言われて出世をめざすとかえってストレスになるでしょう。出世タイプなら、「出世なんてバカバカしいさ」と思おうとしても、やはり出世しなければ満足が得られないでしょう。

 自分のタイプを見きわめて、自分にあったやりかたでいきたいものです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1328文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次