読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1272493
0
こんなに面白かった「百人一首」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
28 山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば

『こんなに面白かった「百人一首」』
[監修]吉海直人 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


昇進できず、宇多天皇に恨みをぶつけた男


 にぎやかな都を離れ、作者が住んでいたのは、京都から少し離れた山のふもと。春から秋にかけては、桜や青葉、紅葉といった美しい自然を求めて都の人々が訪ねてくることもある。しかし冬になると人の足も途絶え、草花も枯れてしまい、心を潤していたものが何もなくなってしまう。そんな冬の山里の寂しさを()んだ歌だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:720文字/本文:890文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次