読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1272517
0
こんなに面白かった「百人一首」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
52 明けぬれば くるるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

『こんなに面白かった「百人一首」』
[監修]吉海直人 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


婉子女王(えんしじょおう)()れ込んだが失恋した傷心の歌人


 父は藤原兼家(ふじわらのかねいえ)と摂関の地位を争った太政大臣為光(ためみつ)、母は謙徳公(けんとくこう)の娘。歌才に恵まれ人柄もよかったが、二十三歳で早死にしてしまった。

 道信にはつらい失恋の経験がある。相手は、花山天皇(かざんてんのう)女御(にょうご)となるも、帝の出家のため宮中を退出した婉子女王だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:701文字/本文:888文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次