読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1273178
0
うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
16 友人と遊ぶ

『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』
[著]ほっしー [監修]和田秀樹 [発行]ディスカヴァー・トゥエンティワン


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


○人間関係でうつになり、人間関係でうつが回復する


 

ストレスが原因でうつ病になったという人は、いろんな理由があるとは思いますが、現代社会では人間関係が原因であることが多いでしょう。

昨今、ニュースではパワハラやセクハラが大きく取りざたされるようになりましたが、それらに縁のない人たちも悩み苦しんでいます。


 

私が働いていた職場は、決して人間関係は悪くありませんでした。むしろ、かわいがられているという印象すらあったほど。しかし、どうにも肌感は合わないなといつも感じていたのです。

加えて、難度の高い仕事(車関係のシステムエンジニアでした)で、プレッシャーも強い。配属された部署には、同期がおらず、相談できる相手がいないと寂しい気持ちになっていました。

「仕事の悩み」は、それこそ先輩に相談すれば解決するものですが、寄り添ってもらって痛みを共有することは、同じレベルの人でないとできないと思うんです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2918文字/本文:3312文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次