読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1274430
0
弁護士だけが知っている ムダにモメない33の方法
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『弁護士だけが知っている ムダにモメない33の方法』
[著]佐藤大和 [発行]ディスカヴァー・トゥエンティワン


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

はじめまして。弁護士の佐藤大和です。

簡単に自己紹介をさせていただきますと、私は弁護士事務所「レイ法律事務所」の代表を務めております。

弊所ではメディア・エンターテインメント分野の法的トラブルや、いじめ問題などの学校事故、家庭内トラブルなどの家事事件、交通事故、解雇・残業代・退職金などの労働事件、債務整理、ママ友トラブル、刑事事件、企業法務、起業サポートなど幅広い業務を取り扱っています。もちろん、私自身も弁護士として、2014年4月の設立以来、多くのトラブルを解決してまいりました。


 

今回はこの本をお手に取っていただいたみなさまに、弁護士として、モメごとを解決するためのコミュニケーションの技術についてお伝えいたします。

弁護士とコミュニケーション─。一見あまり関係がなさそうに思われるかもしれません。しかし私がこうしてコミュニケーションをテーマにした本を上梓したいと考えたのは、他ならぬ私が弁護士としての業務中に感じている、ある想いがきっかけでした。


 

「小さなモメごと」が「大きな争いごと」に変わっていく


 

私の事務所には毎日、多くの相談者がいらっしゃいます。


 

「仕事で上司とうまくいかず、ついに争いごとになってしまった」

「離婚をしたいけれど、どうすればよいのか?」

「ママ友とトラブルになってしまい、裁判を考えている」

……など、相談事の内容は十人十色ですが、こうした相談者の怒りや苦しみを聞いていると、共通して強く感じることがあります。


 

それは、


 

「どうして、ここまでこじれてしまったんだろう?」


 

という悲しみです。


 

モメごとというのは、最初からモメごとであったわけではありません。そこには数多くの要因があり、それが積もりに積もって、大きな問題へと変わっていってしまうのです。 

深い悩みを抱える相談者の方々と話を続けているとわかるのですが、決定的な争いに発展する前の段階で、「小さなモメごと」が数多く積み重なっている場合が大変多いのです

たとえば「最近話をしてくれなくなった!」ですとか、職場なら、「上司が急に冷たくなり、他の社員を明らかにひいきしている」など、日常で感じる小さな不満が不信感となり、周囲を巻き込む争いへと発展してしまっているのです。

もちろん、問題が大きくなってしまったら、それを解決するのは法律事務所の仕事ですしかし、モメごとが小さいうちはコミュニケーションを少し変えるだけで、驚くほどたやすく解決してしまうものなのです。


 

職業柄、私には多くのコミュニケーションをとる機会があります。弁護士とは、相談者の悩みを聞き、コミュニケーションをとるなかでベストな方法を探り、解決の道へと一緒に歩んでいく仕事だからです。

そんな相談者との経験から得た、モメごとを起こさないコミュニケーションのノウハウをみなさんにお伝えすることができないか。そんな想いでこの本は生まれました。


 

人間関係は「対応」と「演出」が10


 

この本でお伝えしたいことをとてもシンプルに言うと、人間関係は「対応」と「演出」でよい方向に変えられるということです。


 

あなたがもし人とモメたくない、なるべくいい関係でいたいと思ったとき、あなたにできることはなんでしょうか?

たとえば、モメたくない、仲良くしたいと伝えても、残念ながら効果は薄いでしょう。なぜなら、人の考えかたを根本から変えるという行為はとても難易度の高いものだからです。


 

では、相手と自分との「かかわりを変えると聞くとどうでしょう? かかわり方を変えるとは、相手に対しての対応や、自己演出を変えることです。相手を変えるのは難しいですが、自分の行動を変えるのは、それと比べてずいぶんハードルが低いものではありませんか?


 

本書では自分自身の行動を変えることで、人間関係を円滑し、モメない人になるための方法をお伝えします。

第1章では人間関係が円滑な人が意識的あるいは無意識的に行っている行動や振る舞いのスタンスをお伝えいたします。

第2章ではを踏まえたうえで、モメごとを起こさないためのコミュニケーションのテクニックをお伝えします。

しかし、いくら気をつけていても争いごとに巻き込まれることはあります。そんな人のために、第3章ではモメてしまったときの相手への対応術を紹介いたします。

どれもコミュニケーション上手になるために役立つ、簡単なコツを選りすぐったつもりです。ぜひみなさんも本書を読み、円滑な、争わない人間関係を築いてみてください。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1845文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次