読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1274468
0
弁護士だけが知っている ムダにモメない33の方法
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『弁護士だけが知っている ムダにモメない33の方法』
[著]佐藤大和 [発行]ディスカヴァー・トゥエンティワン


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

コミュニケーションが変われば人生が変わる。

私はそう思っています。


 

弁護士になってから多くの事件を担当し、解決してまいりました。その中で気づいたことは、事件の大半はコミュニケーションのズレから生じているということでした。そして、そうした大きな事件になる前には必ず、小さなモメごとが積み重なっています。

本書では、それらの大きなモメごとを未然に防げるよう、コミュニケーションのノウハウをお伝えしたつもりです。


 

コミュニケーションは、人間関係を築くためにとても重要な要素ですが、学校では教えてくれません。多くの方々は、生活の中で、少しずつコミュニケーションを学んでいきます。しかし、その多くは自分の価値観にもとづいたものであるため、人と衝突が生まれ、嫌な気持ちになったり、悲しい気持ちになったりします。多くの方々にご経験があるのではないでしょうか?


 

最近は、高校や大学、企業で講演会をする機会が増えており、いろいろなお話をさせてもらっていますが、その中で、一番質問が多いのが「コミュニケーション」についてです。また企業の管理職や社長からも「企業内のコミュニケーションをどうしたらいいですか」という質問がよくあります。


 

こうして講演を続けていると、まるで私がコミュニケーション巧者であると思われてしまうかもしれません。しかし、私自身も決してコミュニケーション能力が高いわけではありません。ただ、私は人間関係を円滑にするために大事なことを理解し、トラブルを未然に防ぐコミュニケーションを実践しているだけです。


 

本書でも、多くの項目でお伝えした通り、コミュニケーションとは知識と技術なのです

つまり、誰でもコミュニケーションで大事なことを学び、技術を身につければ、「コミュニケーション能力が高い人間」を演出することができます。このことについて、もしかしたら、「所詮、見せかけのコミュニケーション」「ずるいコミュニケーション」と批判もあるかもしれません。

でも、たとえ最初は見せかけのコミュニケーションでも繰り返すうちに自分の本当のコミュニケーションとなっていきます。「守・破・離」という言葉がありますが、最初は真似から始めても、徐々に自分のオリジナルにしていけばいいのです。


 

本書は、私個人の経験と弁護士としての経験、そして会社の経営者としての経験、そして先人たちの経験から学んだコミュニケーションの技術を一冊に凝縮いたしました。


 

書籍は、絵画のように鑑賞をするためのものではありません。 

本書を読まれた方は、どれでもよいので、まずは実践してください。

残念ながら本を読んで実践する人は1%以下といわれています。継続する人は、0・1%以下と言われています。つまり、本書を読んで、実行したあなたはすでに「100人に1人」となり、継続できた方は「1000人に1人」となります。本を読み、満足しただけでは何も変わりませんが、継続できた人は、必ず変われます。


 

今回、字数の関係で本書に盛り込めなかった細かいテクニックもありますが、それはまた別の機会にお伝えできれば、と思っています。

一人でも多くの方々、企業の方々に読んでいただき、一つでも多くのコミュニケーショントラブルが減り、一人でも多くの方々が笑顔で生きることができるようになることを心から祈っております。


 

最後になりますが、私の引き出しを広げ、さまざまなアイディアを出して頂き、また効率的な打ち合わせをして頂いた編集者の塔下太朗さん、本書が生まれるきっかけを作って下さり、そして読みやすくまとめていただいたライターの大橋博之さんには心から感謝いたします。お二人の協力がなかったら本書は生まれなかったと思います。

また本書が生まれるまで支えてくれたレイ法律事務所のスタッフ全員にも感謝をしており、この場を借りて、お礼を伝えたいと思っております。

おそらくレイ法律事務所を設立し、今の仲間たちと出会えていなかったら、本書は生まれていなかったでしょう。全てはご縁だと思っております。


 

全ての人が笑顔で生き、笑顔で毎日を過ごせますように。


 

2018年 1月吉日

富士山を見ながら。 佐藤大和

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1703文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次