読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1275572
0
エリック・ホッファー 自分を愛する100の言葉 「働く哲学者」の人生論
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
part.3 仕事について

『エリック・ホッファー 自分を愛する100の言葉 「働く哲学者」の人生論』
[著]小川仁志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


うんざりした日になるのは、決まって仕事のせいではなく、ときどき仕事に伴って生ずる不愉快なことのためである。いろいろな種類の性急さ、論争、あつれきが疲労となり、また気落ちする結果になるのである。五分間論争するよりも五時間働いた方がましだと思う。

『Working and Thinking on the Waterfront』



 朝起きて、出勤して仕事をし、夜帰ってくる。当然疲れます。では、なぜ疲れているのか? 普通は仕事をしたからだと思うでしょう。でも、ホッファーに言わせるとそれは違うのです。


 たとえば、職場で嫌な気持ちになるとします。それも仕事のせいだと思ってしまいがちです。ところが、正確にいうとそれは仕事に起因する不愉快な出来事のせいなのです。仕事とそれに起因する出来事を区別するのは難しいかもしれません。でも、両者は違うものなのです。


 そこを意識することができれば、少なくとも仕事を嫌いになることはないでしょう。仕事は仕事です。楽しんでやればいい。無理ならせめて淡々とこなせばいい。それに起因する不愉快な出来事は無視していいのです。


 それは仕事ではないのですから。だからホッファーは言うのです。五分間論争しているより五時間働いた方がいいと。そのほうがよほど生産的ですし、精神的にもいいのです。


 世の中には不満を持っている人はたくさんいます。たまたまその日に虫の居所が悪いこともあるでしょう。そんなとき、その人との言い争いに時間とエネルギーを使っても無駄です。だからひらりとかわすのです。そして仕事に集中する。いい意味での自分中心主義です。


今のように疲労した状態では、いかなる計画も立てるべきではない。日中そういう事態が私に起こった。頭の中のバランスがとれない。一休みして一人になってしばらく過ごせば、ものごとを評価したり、すべきことを決めたりできるかもしれない。明日は仕事が最後の日。たぶん生れて初めて、休暇が来るのを楽しみにしている。

『Working and Thinking on the Waterfront』



 毎日が休暇のようなホッファーが、生まれて初めて休暇が来るのが楽しみだと言っているのですから、よほどの状態なのでしょう。それほど疲れているということです。


 でも、さすがはホッファーです。そういう状態をどうやり過ごすべきか、よく心得ています。まず着目すべきは、そんな状態ではいかなる計画も立てるべきでないとしている点です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5624文字/本文:6646文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次