読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1276216
0
給湯室で恋は育つ コイバナに学ぶ愛され女子になる方法31
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第9恋話 蝶でしょ、蛾でしょ

『給湯室で恋は育つ コイバナに学ぶ愛され女子になる方法31』
[著]置田理深 [発行]CLAP


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

相談者:真知子(26歳、入社4年目。楽しいこと大好きの好奇心旺盛なタイプ)




 ~恋話商事 午前10時の給湯室~


 ❤「菊代先輩、こんにちは」


 給湯室に入って来たのは、受付の真知子でした。


 ◇「会社の顔がこんなところでさぼってていいのかしら」

 ❤「交代の時間だからいいんです。それより、私、海外事業部の石崎くんと付き合うことにしたんです。彼、2つ年下だけどしっかりしてるし、いいかなって思って」

 ◇「続くといいわね」

 ❤「もう、それ以外に言うことないんですか」

 ◇「おめでとうって言ったところで、すぐ別れるんだから一緒でしょ」

 ❤「私、菊代先輩のそういうとこ嫌いじゃないです」

 ◇「早く仕事に戻りなさい」


 菊代は横目で、じろりと真知子を見て言いました。


 ❤「はーい」


 真知子は楽しそうに、給湯室を後にしました。


 ~それから2ヶ月後 午後3時の給湯室~


 給湯室にいる菊代を見つけて、真知子が嬉しそうに入って来ました。


 ❤「いたいた。先輩、私、建設事業部の若林さんと付き合うことになったんです。彼、どう思います? 真面目みたいだし、爽やかで、受付の前通るときに小さく手を振ってくれるんです」

 ◇「興味ないわね」

 ❤「えー。先輩ならいろいろ知ってるかと思って。先輩、建設事業部にも出入りしてますよね。若林さん、どう思います?」


 菊代は急須にお湯を注いでいた手を止めて、やかんをコンロに戻しました。


 ◇「真知子さん、私の記憶が確かなら、あなたは海外事業部の石崎くんと付き合ってたんじゃないかしら」


 真知子はケロッと悪気もなく答えます。


 ❤「付き合ってましたよ、先週まで、あれ、先々週だったかな。でも、石崎くん海外出張が多いし、休みの日も検定や昇進試験の勉強でなかなか会えないし、つまんないなと思って。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3785文字/本文:4528文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次