読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1276797
0
死んでも床にモノを置かない。
2
0
18
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに ズボラでもできる! やらないことを決めるシンプルな片づけ

『死んでも床にモノを置かない。』
[著]須藤昌子 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
18
| |
文字サイズ

「何度片づけても、元に戻る」
「掃除するのが、面倒」
「たくさん本を読んできたけど、部屋がきれいにならない」


 このような悩みを持っていないでしょうか。

 私は、整理収納コンサルタントとして、活動しています。そこで、みなさんと同じような悩みを抱えている方のおうちを、たくさん見てきました。

 多くの方が、先に述べたような悩みをお持ちでした。しかし、私がコンサルティングをさせていただいたお客様のほとんどがリバウンドもなく、かつ苦労なく片づけや掃除ができるようになっています。

 その秘訣は何か?

 それは、

「絶対にこれはやらない」


 というルールを決める。それだけです。

 本書のタイトル、『死んでも床にモノを置かない。』というのもその1つです。

 片づけ・掃除ができない多くの人は、「絶対やらないこと」のルールがありません。ルールのない暮らしをしていると、部屋は確実にモノであふれ、汚い状態になっていくのです。
「エントロピーの法則」をご存知でしょうか。

 ざっくりいえば、すべての物事は時間とともに、乱雑かつ混沌(こんとん)としてしまうというもの。これはおうちの中にも当てはまるのです。

 人の行動というのは、ルールが作り出しています。一定のルールがない限り、ほとんど自動的に乱れていってしまうものなのです。

 大事なのは「これをする」というルールではありません。

 むしろ逆で「これはやらない」というルール作りです。

「これをする」というルールを作り、増やしていくと、生活はがんじがらめになります。そうでなくても日々時間がない中で、あれこれやられているはず。そんな状態で、やるべきことが増えれば、ますます時間に追われることになり、うまくいきません。

 それでゆっくり過ごす時間がなくなっては、意味がありませんよね。


 そうではなく、あなたがやっている生活で、「これはやらない」ということを決める。

 すると、やることが増えるのではなく、やるべきことは減っていきます。

 この本でご紹介していくルールを実践すれば、さらに片づけや掃除がやりやすくなり、生活における家事に使う時間は減っていくはずです。

 本書では「やる片づけ」ではなく、「やらない片づけ」にシフトするためのメソッドをご紹介していきます。

◆掃除をしない家の9割は床にモノがたくさんある

(にわとり)が先か、卵が先か」という言葉があります。

 卵が先にあったから鶏が生まれたともいえるし、でもその卵は鶏から生まれた……と、どちらが原因なのかがわからないもののたとえに使われます。

 実は、片づけも同じだと思っています。

 片づけが苦手な人は、片づけや掃除ができない人間だから、「部屋が汚い」と思われています。

 しかし、実は逆で、部屋が汚いから、「片づけや掃除ができない人になっている」のです。

 要するに、「片づけが苦手な人」「いつも部屋が散らかる人」は、部屋が散らかっているから片づけができないし、掃除の習慣も作れなくなっているのです。

 片づけ上手、掃除上手という人は、常に片づいた状態になっているから、片づけも掃除も楽にできています。

 常に不要なモノがあり、キレイな状態でないのなら、誰だって片づけも掃除も苦手。

 私だってそうです。今でこそ、整理収納コンサルタントとして活動していますが、本質的にはズボラで面倒くさがりでした。

 だからこそ、どうすれば、楽で暮らしやすく、過ごしやすいおうちができるかを考えてきました。


 その結論が、先にもお伝えした「やらないことのルール」です。

 片づけ上手や掃除上手という人は、必ず「これは絶対にやらない」というルールを持っています。
「モノを置きっぱなしにすると気持ち悪い」というように、感覚的にルール化している人がほとんどですが、そのルールを破り放置していると、自然と家や物事が乱雑になっていくのを知っているのです。

 生活の中で絶対にやらないルールを作っておくと、家事や片づけ、掃除に取られる時間のほとんどが減り、かつ部屋はいつもキレイな状態になります。


 本書では、基本となる「やらないルール」と、私がやっている「やらないルール」の方法をご紹介していきます。おうちの環境や生活習慣、家族の構成はバラバラですから、すべて真似しなくても大丈夫。

 基本だけでも押さえていただくだけで、部屋は自然と、片づけや掃除がしやすいおうちになります。そうすれば、自然と暮らしやすく、過ごしやすいおうち、お部屋に変わっていくはずです。

 本書が、皆様の暮らし方を変える一助となれば、著者としてこれほど嬉しいことはありません。
須藤昌子
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
18
残り:0文字/本文:1882文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次