読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1276912
0
好かれる人が無意識にしている文章の書き方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
36 友達の会社を「ぜひ、使ってあげてください」と書くのは、「困ってるんだな」と思わせてしまう。

『好かれる人が無意識にしている文章の書き方』
[著]中谷彰宏 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 友達のウエブデザイナーを応援するために、自分のブログに「彼は能力がある男なので、ウエブデザイナーの仕事があったら、ぜひ使ってやってください」と書いた人がいました。

 本人は、自分の利益にはならないから広告ではないと考えています。

 これは立派な広告です。

 これで友達の売上げが上がるかというと、逆に下がるのです。
「まわりが応援しなければいけないぐらい仕事がないんだな」と思われるからです。

 プロの広告屋なら、そんな表現はしません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:424文字/本文:638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次