読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1277094
0
強運を引き寄せる! “神様チャネリング”ですべてうまくいく! ボーナス特典版
2
0
2
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 カレラはあなたが気づくのを待っていた!

『強運を引き寄せる! “神様チャネリング”ですべてうまくいく! ボーナス特典版』
[著]日下由紀恵 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ

◆お墓で話しかける行為もチャネリング


「チャネリング」と聞くと人間離れした、普通ではない能力が必要だと思われますが、そうではありません。


 私たちは、ちゃんと普段の生活の中で、チャネリング能力を利用しています。


 たとえば、お墓参り。「お墓参りをすると、運気が上がる」というのは、本当です。


 あるフルート奏者の女性は、運気低迷を感じてお墓参りをし始めたら、ドイツの楽団のテストに受かり、まもなくドイツ人と結婚、現地で暮らし始めました。


 また、別の看護師の女性は、お墓参りによって、手元にあったブレスレットが外国皇室の由緒ある宝石だとわかり、買ったときのおよそ百倍近い高値で売ることができたそうです。



 お墓の前で私たちは亡くなった人に話しかけます。


 そう、その「話しかける」という行為こそが、〈チャネルを合わせる(亡くなった方と波動を合わせる)〉チャネリングアクションなのです。


 霊界にいるご先祖様、亡くなった近しい家族や友人は、地上の私たちとはまったく異なる質の浄化エネルギーを持っています。お墓で交流が行われることで、高次の気の浄化を受け、人生が一気に開けていきます。



 お墓だけでなく、神社でもチャネリングは行われています。


 お墓が自分の肉親とのチャネリングなら、神社ではなんと神様とのチャネリングが行われているわけです。


 みなさんが神社に行こう! と思うのは、自分の意志ではありません。


 訪れようと思った時点で、すでに神様に〈おいで〉と呼ばれている、相互交信が起こっている状況です。


◆神社にお参りにいくのは、「呼ばれている」から



 神社という場所には、神様の波動を持った清らかで高質なエネルギーが集まるようになっています。


 神聖な気持ちで鳥居の前に立ったときから、神様はみなさんのほうを向いてよく来たねとほほ笑んでいます。そのときにみなさんがほんの少しでも嬉しい気持ちになるなら、それは「神波動」を受け取っている証拠です。


 神社の神様の役割は、訪れる人の気を浄化して、本人の本当の力を引き出すこと。


 私たちには、本来、「莫大な収入につながる才能=天職」「最高のパートナーとの出会い」「好きなものに囲まれたライフスタイル」というDNAが細胞に刻まれています。それは本当に、すべての人に、です。


 人生の中でくじけるような出来事を経験し、自分を信じられなくなってしまっていると、そのDNAは開花しなくなります。そんな自信喪失中の人に、神社の神様は才能を思い出させ、「大丈夫、できるよ!」と背中を押すため、神社へ来させるのです。



 こちら側から神様に話しかけることで、チャネリングアクションが開始となります。


 神社でお願いごとを伝えて帰って来るだけじゃもったいない。


 神様と相互交信をしましょう。


 恐れ多いと思うかもしれませんが、よき友、信頼できるカウンセラーだと思って悩みごとを相談してみましょう。

「神様、実はね……」と自分の本心を打ち明けて聞いてもらう。


 そのとき頭に思い浮かぶことはすべて神様からのメッセージなのです。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:1255文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次