読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1277414
0
さよならは小さい声で
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あいさつ上手

『さよならは小さい声で』
[著]松浦弥太郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 毎朝、同じ時刻にバス停で会う人が五人いる。毎朝会うといってもあいさつをするわけでもなく、バスを待っている四、五分の間に言葉を交わすこともない。


 バス停が一緒だから近所に暮らしているには違いないが、名前もどこの家の人かもわからない。しいて言えば、バスに乗る時に今日は全員そろっているな、とか、あの人がいないな、と思うくらいである。どちらにしても気にするようなことではない。しかし、時たま思うのだが、これがアメリカだったら、きっと少しはコミュニケーションをとるのだろう。せめて、「おはよう」とか、「元気?」とか。日本でも地方ならまた違うと思う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1830文字/本文:2101文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次