読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1277418
0
さよならは小さい声で
2
0
1
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
魔法の言葉

『さよならは小さい声で』
[著]松浦弥太郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 家出のように日本を発って、はじめてアメリカに渡った時、頼れる先や知り合いはひとりもおらず、英語もまったく話せなかった。根っからの楽観的な性質だから、それでもなんとかなるだろうと思っていた。僕の短所は、どんなことでも楽観視することと、いつも早合点してしまうことである。ある時それが長所に代わる時もあるけれど、若かりし頃の無鉄砲さがそれに加わると、困ることも多々あった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1170文字/本文:1354文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次