読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1278118
0
「前世」からのメッセージ 人生を癒す魂との出会い
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第一章 始まり

『「前世」からのメッセージ 人生を癒す魂との出会い』
[著]ブライアン・L・ワイス [訳]山川紘矢 [訳] 山川亜希子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:17分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 我々の使命は学ぶことである。知ることによって、神に近づく。我々はほとんど何も知らない。……知ることによって、我々は神に近づき、その後に、休息することができる。それから、我々は人々を教え、助けるために、戻って来るのだ。



 初めて私の本を読む方達のために、少し自己紹介をしておきます。あの運命的な日から、私はずっと長い旅を続けてきました。当時、科学的な教育と訓練を受けた医者であり、精神分析の教授であり、折紙つきの懐疑主義者であった私は、その日、人間の生命とは、厳しい医学教育によって信じ込まされていたものよりも、ずっと広大で、奥の深いものであることを、知ったのでした。


 私はコロンビア大学で学士号を得、エール大学医学部を卒業し、そこの精神科で医学実習生として働きました。その後、いくつかの医科大学で教えましたが、フロリダのマイアミビーチにあるマウントサイナイ医療センターでは、十一年間にわたって、精神科医長を務めました。私の一冊目の本、『前世療法』の主人公であるキャサリンに初めて出会った頃までに、私は四十以上の論文を発表し、精神薬理学と脳化学の分野では、国際的に認められるようになっていました。無論、私は超心理学などの「非科学的」な分野に対しては、完全に懐疑的でした。過去生や(りん)()(てん)(せい)といった事柄については無知に等しく、また、知りたいとも思いませんでした。


 ところが突然、魂、右脳、非直線的なことが、私の目の前に現れました。不可解なことに、キャサリンが過去生の記憶らしきものを思い出し始めたのです。この退行のプロセスを通して、不思議に彼女の病状はすべて、快方に向ってゆきました。驚きはしたものの、私もまた、科学と直観の調和を探し始めたのでした。


 これは二十年前のことでした。それ以来、私は二千人以上の患者を、子宮の中にいた頃や、過去生の記憶へと、退行させてきました。こうした体験について、私はすでに三冊の本を書き、そのどれもが約三十カ国語に訳されています。


 私の仕事は、輪廻転生、前世療法、ソウルメイトとの出会いなどのテーマを扱っています。そのために、私は今や、輪廻転生の私的代表みたいなことになっています。私はこの役割を喜んで受け入れていますが、それというのも、私達は自分の学ぶべきことを学び終って卒業するまで輪廻転生をくり返すと、固く信じているからです。それに、すでに何回も指摘しているように、輪廻転生は真実であるというかなりの量の歴史的、臨床的証拠が存在しています。


 しかし、私が現在、人々に教えている事柄をまとめたこの本は、輪廻転生と前世療法だけではなく、もっと沢山の事柄について触れています。輪廻転生も前世療法もパズルの大切な一部ではありますが、他にも重要な事柄があって、私達はそのすべてを、もっとよく学ぶ必要があるからです。私はこれまで、ヒーラー、霊媒、超能力者など、ホリスティック、または(だい)(たい)医療と呼ばれる分野の仕事をしている人々について、研究を続けています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6780文字/本文:8040文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次