読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1278135
0
「前世」からのメッセージ 人生を癒す魂との出会い
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
付録B 瞑想の実習

『「前世」からのメッセージ 人生を癒す魂との出会い』
[著]ブライアン・L・ワイス [訳]山川紘矢 [訳] 山川亜希子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:16分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここにあげた二つの瞑想は、あなたの喜びと幸せを邪魔している障害を取り除いて、人生により深い平和を感じるためのものです。


 相手を見つけて、片方が目を閉じてリラックスし、もう一人がその人に台本を読んであげるのもいいでしょう。または、台本をテープに録音し、あとでそれをかけて自分で聞いてもいいのです。但し、そのテープは、絶対に自動車の中ではかけないで下さい。


 実習を始める前に、まずベッドに横になるか、すわり心地の良いいすにすわって、服をゆるめます。邪魔になるものや気を散らすものがないように気をつけましょう。靴を脱ぎ、眼鏡をはずします。コンタクトレンズも取りましょう。完全にリラックスして下さい。脚を組んではいけません。音楽があると気持ち良くなるのでしたら、柔らかくて穏やかな音楽をバックグラウンドミュージックとしてかけるのもいいと思います。


 どのようなイメージや感情、感覚や思いが意識にのぼっても構いません。やめようとしたり、判断したり、分析しないようにします。それはあとでできますから。テープを聞いている間、どんなことでも起こることを体験しましょう。


 出て来たものが記憶か、幻想か想像か、暗示かそれとも象徴か、気にする必要はありません。それは重要ではありません。とにかく気持ち良く感じましょう。


 台本は穏やかな声でゆっくりと読み、点線のある所では、少し間をあけます。また、(間をおく)という指示のある所ではもう少し長い間をとります。*( )内の言葉は声に出して読まないで下さい。誰かに台本を読んであげるか、テープに吹き込む前に、リズムを会得するために、何回か台本を読んでみるといいでしょう。あなたにとって気持ちのよいリズムと、指示に従うために必要な間のおき方を見つけ出しましょう。


 このプロセスは急がないことです。この実習には、時間の制限はありません。それに、そんなに時間をかけずにすむはずです。


 ここにある瞑想を練習して下さい。瞑想すればするほど、あなたの意識は深くなり、沢山の体験ができるでしょう。


 ほとんどの人は、自分の体験を上手に扱い、理解できると思います。みんな実際に、ずっと気分がよくなっています。困った反応、例えば、不安や罪悪感などの起こる危険性は、ほとんどありません。しかし、もしそのようなことが起こったとしたら、セラピストにかかって、その問題を解決するようにした方がいいでしょう。


瞑想1 ドアを通って過去生へ行く



 目をそっと閉じ、二、三回、深呼吸をします。体中の緊張とストレスを吐き出して下さい……そして、自分のまわりの美しいエネルギーを吸い込みましょう……


 一呼吸ごとに、あなたはすばらしくリラックスした状態に深く、深く入ってゆきます。(呼吸によって体をリラックスさせるために、十五秒間間をおく)



 さあ、あなたの筋肉を全部、リラックスさせましょう。顔とあごの筋肉をリラックスさせます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6727文字/本文:7931文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次