読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1278471
0
「一見、いい人」が一番ヤバイ
2
0
133
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『「一見、いい人」が一番ヤバイ』
[著]下園壮太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
133
| |
文字サイズ


 あなたが日々、接する人のなかに「魅力があって、刺激的な人なんだけれど会った後は、なぜか気持ちがざわざわする人」や、「いい人なのに、どこか息苦しさを感じる人」、「会っている時は楽しいけれど、その後なぜかぐったり疲れてしまう人」は、いませんか。


 いつもハイテンションで明るい性格人気者。なのに、ときどきイラッとしてしまう後輩。

「なんでも私に話してね!」と言われ、ついあれこれ打ち明けてしまったけれど、周囲に言いふらされないか心配な、聞き上手の先輩。

「任せるから! 頼りにしているよ!」と部下を信頼している雰囲気なのに、何らかの不都合が表面化すると「いや〜、○○君が責任を持ってやってくれていたから……」とうっすらと責任(のが)れをする上司。


 会社ではとても人当たりがいいのに毎晩のように()()メールをしてくる同僚。疲れてもう帰りたいのに、「君はどうなりたいんだ?」と、熱心にコーチングしようとする上司など……。



 このような「一見、いい人」が厄介なのは、その困った行為に、多くの場合「悪意」がないこと。自分の態度で他人が傷ついていることにさえ、まったく気が付いていないこともあります。


 また、文字通り表面的には「一見、いい人」なので「ここが嫌!」「こういうところが困る」という、明らかな“悪いポイント”が見えにくく、具体的に指摘もしにくいというのも一つの特徴です。


 ですから、こちらが意を決して苦情を訴えたとしても、言われた本人はピンとこない。また、周囲の人に「この人、困る」と相談しようとしても、「え? どこが? いい人じゃない」と返されてしまい、あなたが感じている違和感を理解してもらいにくい


 もしかしたら、同じように思っている人もいるかもしれませんが、「一見、いい人」に対してそのような気持ちを抱いていることをあからさまに出す人は少なく、共感してくれる仲間を見つけにくいのです。

「一見、いい人」は、人当たりも良いので、周囲からの評価が良かったり、責任あるポストに()いている、ということも(おう)(おう)にしてあります。大多数が「いい人」だと思っている人には不満も言い出しにくい。抗議をするあなたの立場が悪くなるリスクがあるからです。

「嫌だ」と確かに思っている。でも、「この人はいい人だし……」という(かっ)(とう)があると、気持ちはくすぶり続けます。


 次第にあなたは、「こんなにいい人を(うと)ましく感じる自分が間違っているのかも」と思い始め、嫌だと感じている気持ちにフタをするように。すると、エネルギーをどんどん失っていく「(しょう)(もう)疲れ」が起こります。


●気持ちを認めれば、楽になる!


 私は、陸上自衛隊初の心理幹部として、20年以上にわたり、多くの衛生隊員(医師、看護師、救急救命士)の指導やレンジャー隊員たちのコーチングを行なってきました。2015年に自衛隊を定年退官してからは、メンタルレスキュー協会のシニアインストラクターとして、カウンセリングのトレーニングや講演活動を行ないながら、災害や事故など(さん)()後の対処や自殺後に残された人々のケアなど、これまでに現場で(つちか)ってきた感情ケアのノウハウをお広めしています。


 また、カウンセラーとしても、さまざまな職種、年代のクライアントのカウンセリングを継続的に行っています。



 クライアントには、心身のエネルギーが低下し、なにもやりたくない、という人や、疲れ切っているのに眠れない、自分を責め続ける、といった、うつ症状に悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。


 その原因として、職場などで周囲からもわかるようなパワハラを受けて、うつになってしまった方もいますが、本書でお話しするような、「一見、いい人」に接する疲れによってじわじわとエネルギーを(うば)われ、それでも「がんばろう」「立て直そう」「気にしないようにしよう」と戦い続けた結果、エネルギーが底をついてしまった、という人もじつは多いのです。


 みなさんに共通するのは、誰とでもうまくやっていかなければならない、こんなことで愚痴を()いてはいけない、と自らを(りっ)する「がんばりや」で、怒りや不安といったネガティブな感情を認めることをついおろそかにしてしまっていた、ということ。私は、そういった心のクセを、さまざまなやり方で手放すお手伝いをしているのです。



 メンタルトレーニングには、さまざまな書籍や実践法があります。ですが、ほとんどが外国からの輸入ものです。


 日本人と外国の方では、メンタルのベースが異なり、我慢強く、不安の大きい日本人に応じたやり方を行なう必要があります。私は、自衛隊や、一般の方々を対象にいろいろな角度から働きかけてきた結果、「これは役立つ」と思うものだけをお伝えすることにしています。



 世の中には、情報があふれています。心を整えたいとき、「こんなふうになりたい」という目標と、「そのためには、こうすればいい」という方法論についての情報をあなたはたくさん見つけることができるでしょう。ただ、実際にやってみても、なかなか、うまくいかない。


 たとえば、イライラしないためには相手の目線で考えてみる、相手にだって言い分がある、と考えてみることが大切、というところまではわかります。でも、イライラして自分が疲れているときに、どうやったら相手目線になって考えるクセをつけることができるか。私は、メンタルトレーニングのプロとして、無理なく練習できる方法をつねに作り出したいと考えています。


●相手が「一見、いい人」だから、対処が難しい


 あなたは、「あの人はいい人なのに、なんで一緒にいるとこんなに疲れてしまうんだろう」と気になっているはずです。理由は明白。ひとことで言うと「逃げ遅れ」。「いい人に疲れる」というのは、「見るからに迷惑な人と一緒にいて疲れる」のよりも、もっと状態が深刻なのです。


 私は、人間にとって一番怖いのは人間だ、と思っています。


 なぜなら、物にあふれ、便利な文明社会に生きている私たちですが、その本質は、太古の昔の原始人のままだから。生き残りをかけて食料を奪い合い、群れの中で自分の優位性を主張しあう、という本能が、人の心には今も色濃く残っています。ですから、危険な人からは、できるだけ離れていたいし、離れていないと安心できません。


 しかし、現代では、「人と人は仲良く穏やかにつきあうべき」という理想ばかりが強調され、人の本音は「隠すべき、我慢すべきもの」とされています。


 理想のかたちが念頭にあるから、相手が「一見、いい人」であると、その表面的な情報を信じてしまいます。そして、相手に隠されている「あなたを苦しめている部分」を見逃し、相手を嫌う自分の考えのほうを(きょう)(せい)しようとしてしまうのです。



 では「一見、いい人」と、どのように接すればいいのでしょうか。


 あなた自身が人づきあいでじわじわとダメージを受けているのであれば、いま最優先すべきは、自分の「苦しい感情」を認めることです。


 疲れてしまっている自分の状態に応じて、無理のない方法で気持ちに触れたり、出来事のとらえ方を変える、というプロセスで、苦しさの色合いは弱まっていきます。


 その上で、「人」全般に対する期待値を少し下げてみましょう。人はそれぞれ、その人なりの「生き方」を一生をかけて作り上げています。そのかたちは決して完璧なものではなく、誰もがどこかでこぼこして、不完全な部分を持っている、という目で人を見られるようになると、自分にも他人にも優しくなることができます。



 本書では、「感情」「エネルギー」「不安」「疲労」など、私たちの悩みと密接に関わるキーワードを手がかりに、「気持ちのメカニズム」を説明します。このメカニズムを知ることは、「一見、いい人」に対する悩みを軽くするだけでなく、自分の日常的なこころのケア、からだのケア、ストレスへの向き合い方など、さまざまなことに応用が可能です。繰り返し読んで、実際にそのやり方を使い、磨きをかけていってください。


◇本書の使い方



 第1章では、あなたが「一見、いい人」にどんなふうにエネルギーを吸い取られているのかをわかりやすく説明します。

「一見、いい人」は、実はサイコパスよりも()(ごわ)い相手。他の人からエネルギーを奪っている事実が目に見えやすいサイコパスの人よりも対処するのが遅れ、逃げ損ねてしまいがちなので、低温やけどのようにそのダメージは深く、回復も長引きがちです。この章を読むと、「あの人の前でイライラしたり不安になるのは、当たり前だったんだ」と理解できるでしょう。



 第2章では、そもそも私たち人間にとって、なにが苦しみを深める要因となるのかを振り返り、自分の「感情」を見つめていきます。さらに、第3章では、「消耗」、「警戒」、「自己嫌悪」といった3つの「苦しみ疲れスイッチ」について解説しながら、あなたの苦しみの本当の姿に向きあっていきます。



 第4章では、いよいよ、「一見、いい人」のパターン別・処方(せん)へ。彼らとうまく距離を保つにはどうすればいいのでしょう。また、距離を保つくらいでは太刀打ちできない場合、どうやって彼らから逃げればいいのでしょう。「一見、いい人」を黙らせる殺し文句は? このような具体的対処法についても、私がふだんカウンセリングの現場で行なっているのと同じやり方で提案します。



 第5章では、「一見、いい人」にむやみに疲れないようにするための、日常的な「自分のケア」について。ぜひ今日から実践してほしい、心身の整え方をお伝えします。


「一見、いい人」にずっと悩まされてきたあなたは、これまで、いかに彼らから無意識のコントロールを受けていたか、あらためて知ることになります。そして、あなたは決して無力ではなく、できる手立てがたくさんあることも発見できるはずです。


 本書によって、あなたが「消耗疲れ」の場から降り、これまでよりものびのびと心地よい日々を送ることができますように。


 では、お話しを始めましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
133
残り:0文字/本文:4137文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次