読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1278659
0
未来世療法 運命は変えられる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第十一章 黙想と瞑想を取り入れる

『未来世療法 運命は変えられる』
[著]ブライアン・L・ワイス [訳]山川紘矢 [訳] 山川亜希子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

私たちは日々、自分自身を創造しています」


 これはコロンビア大学の著名な仏教学者、ロバート・サーマンの言葉です。これは私にとって、とても元気の出る考え方です。私はこの言葉が意味している、前進し、変化する、という概念が好きなのです。


 私たちは日々、新しくなります。考え、意志、行動、意識、認識などは、常に進化しています。そして一つ変化するごとに、新しいあなたが生まれます。あなたは五年前のあなた、いや、五分前のあなたとさえ、同じ人間ではありません。あなたの愛する人も、友達も、知り合いも、今と五分前とでは違うのです。しかし、実際には、私たちはそれまでに知っていた、以前のその人に、そしてその人は以前の私たちに反応します。たとえば、高校時代のガキ大将は、たとえ彼が霊的な平和を見つけ、今は穏やかな紳士になっていたとしても、再会した時、私たちにとっては昔のガキ大将のままなのです。


 ですから、せっかく進歩しても、あなたがそれに気づかずにいると、それはあまり意味を持ちません。進行中の変化が見えなかったら、あなたは成長できるでしょうか? 人生を体験するために立ち止まらなかったら、人生から何かを学べるでしょうか? 肉体的、精神的に起こってくることを時間をかけて消化しなかったら、本当に身につけることはできません。友人や愛する人々が変化する時、あなたはどのように変化できるのでしょうか?


 自分自身や他の人々を評価する手法に、リラックスした状態で行なう黙想と瞑想があります。そしてそれを始めるのは「今」なのです。この黙想と瞑想の二つはとてもよく似ていますが、少し違いがあります。黙想とは、特定の課題や物、たとえば、「愛に溢れたやさしさ」「蝶の美しさ」などといった特定のテーマに意識を集中することです。瞑想は心を完全に(から)にし、意識を完全に広げた状態にすることが必要です。つまり、どんな感情、アイデア、イメージ、ビジョンが心に入ってきても、それをそのまま受け入れ、そのことや思いのあらゆる面へと連想を流れさせ、その形、姿、色、本質を理解するのです。これは何も考えず、知的な解釈もしないで、観察する方法です。


 西洋人にとっては瞑想よりも黙想の方がずっと容易です。西洋人は頭脳に集中して、あるテーマについて考え、分析することに慣れているからです。瞑想はより東洋的な概念で、理解するのが難しく、また長期の練習を必要とします。完全に広がった意識で瞑想できるようになるには、何カ月も何年もかかります。しかも、この一回の人生では、十分にマスターできないかもしれません。だからといって、今、瞑想を試みても無駄だというわけではありません。この人生でも、あなたは永遠の命へと、たとえ意識していなくても歩みつつあるからです。瞑想を試みること自体が、非常に奥の深い利益をもたらすでしょう。そして、瞑想に必要な独りになれる時間を心待ちにし始めている自分に、気がつくかもしれません。



 まずは黙想から始めてみましょう。集中する対象はあなた自身です。今、自分は何者であるかを探し、今という瞬間の自分自身について考えてみましょう。自分に関するどんな思いも、良いものも悪いものも、意識に迎え入れます。もう正しくもなくあてはまりもしない、否定的で独断的なイメージや感情を、どれから手放して、捨てますか? 肯定的で自分を癒してくれる思いや感情のうち、どれを取り入れますか? どんな人生の体験が、あなたを最も深く変えましたか? 次に生まれて来る時、それは今の人生とどのように違うと思いますか? 大切なことは自分を「好きになる」ことでも、あらゆる判断をやめることでもありません。あなたが世間に見せている表側の姿の下に、実は何があるかを見ようとしているのです。


 次に、あなたの人生に重要な意味を持つ人々について考えてみましょう。あなたが持っている彼らのイメージは古くなってはいませんか? あなた自身の体験が、彼らを違う目で見なさいと、言ってはいませんか? あなた自身が変わるにつれ、彼らはどう変わりましたか? その変化はあなたと彼らの関係を、より肯定的で理解のある愛情深いものへと、どのように変えるでしょうか? それはさらなる変化をどのように容易にするでしょうか?


 私たちはみな、異なった速度で霊的な道を歩んでいる成長しつつある運動体です。でも、私たちは日々立ち止まって、私たちを人間として成り立たせている重要なテーマについて黙想する時間を持つべきです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10346文字/本文:12197文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次