読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1278768
0
京都の通りを歩いて愉しむ <通>が愛する美味・路地・古刹まで
2
0
0
0
0
0
0
旅行
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
万寿寺通

『京都の通りを歩いて愉しむ <通>が愛する美味・路地・古刹まで』
[著]柏井壽 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 通りはあってもお寺はありません。万寿寺通の名の由来となった『万寿寺』は、かつて万寿寺通高倉を少し下った辺りにあったようですが、今では『東福寺』の(たつ)(ちゆう)となって、東山区の本町に移転したので、現在万寿寺通に『万寿寺』はないのです。


 通りの名前に名を残すほどですから、往時の『万寿寺』は、『相国寺』や『天龍寺』『東福寺』『建仁寺』とともに、京都五山のひとつに数えられるほどに栄えていました。


 なぜそのお寺が塔頭というかたちになったかと言えば、火災による焼失だったと言いますから、火事は怖いですね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1408文字/本文:1662文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次