読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1279123
0
おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。 でも実は、「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。 − 男の本音を密告する「恋の男子更衣室」 −
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
case16 挨拶程度の店員と付き合いたい!

『おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。 でも実は、「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。 − 男の本音を密告する「恋の男子更衣室」 −』
[著]山田玲司 [発行]ワニブックス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 通っている花屋の店員さんが好きなのですが、顔見知りで挨拶する程度の客という立場からどうしてよいか困っています。


 自分から告白したこともないので、臆病さを乗り越えなければと思うものの、ハードルが高いです。


 よろしくお願い致します。






 もしこのまま「怖くて何もできませんでした、テへ♡」なんて事になったらがっかりです。


 これを読んだ男たちも「ふざけんなよ、一応告ってくれよ、言ってくれなきゃわかんねーじゃん」とか言うはずです。


 それくらい女からの告白を男は待っているのです。


 そもそも男があれほどまでに「モテたいッス!」と震えているのは、「沢山の女の人が勝手に告白してきてくれる状況」が欲しいからなのです。


 その多くの女の中から最高の女を何人か選んでいい思いをしたいわけです。バカですね。


 自分が「選ぶ立場」になって、そのチキンハートを傷つけることなく女を手に入れたいのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1995文字/本文:2381文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次