読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1279125
0
おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。 でも実は、「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。 − 男の本音を密告する「恋の男子更衣室」 −
2
0
2
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
case18 かっこつけたい生き物である男友達と距離をつめる方法

『おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。 でも実は、「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。 − 男の本音を密告する「恋の男子更衣室」 −』
[著]山田玲司 [発行]ワニブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ



 同級生(といっても6つ上)の男子が気になっています。


 2人でもっと話してみたいなとかガッツリ系のご飯食べに行きたいなとか思い始めました。彼の素直で人として可愛らしくややドジで、比較的かっこつけないストレートなところが魅力的に映っています。


 友人としての仲はそれなりに良いです。ただ、かっこつけないということは恋愛対象には見られていないのだろうなということ(ですよね?)。


 私自身男みたいなところがあるので、メールのやり取りは連絡事がある時くらいです。


 そんな相手から1対1での食事とか、お出かけとかいきなり言われても困るだろうな、と。


 どうやって間合いを縮めていったらいいのだろうと思っています。男が警戒しない良い誘い方を教えて下さい。






 本当にかっこつけないでバカができるのは、女の子の視線を意識してしまうようになる前の「黄金のお子様時代」までです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:1586文字/本文:1962文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次