読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1279376
0
マーベル映画究極批評 アベンジャーズはいかにして世界を征服したのか?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
アントマン&ワスプ ヴィランという概念の消滅

『マーベル映画究極批評 アベンジャーズはいかにして世界を征服したのか?』
[著]てらさわホーク [発行]イースト・プレス


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【作品情報】

2018年/監督:ペイトン・リード/出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、ウォルトン・ゴギンズ、ハナ・ジョン=カーメン、アビー・ライダー・フォートソン、ミシェル・ファイファー、ローレンス・フィッシュバーン


“お茶漬け映画”ふたたび



 マーベル映画が限界を突破した『エイジ・オブ・ウルトロン』の直後に『アントマン』がやってきたように、世界が大変なことになった『インフィニティ・ウォー』のあとで、スッ……と出された『アントマン&ワスプ』。気楽であることが信条の小さな映画だ。


 サノスとスーパーヒーローたちが戦った大事件の、少し前の出来事を映画は切り取る。アントマンことスコット・ラングは、『シビル・ウォー』にて、キャプテン・アメリカのチームに加わって騒乱を起こしたかどで逮捕。その後、司法取引を経て2年間の自宅軟禁となるが、別れた妻とその新しい夫、それに誰より愛する娘との仲も良好で、意外と気楽に暮らしていた。


 一方そのころ、ハンク・ピム博士とホープの父娘は、ラングの共犯として逃亡中。かつて量子空間に姿を消したピムの妻で、初代ワスプことジャネット・ヴァン・ダイン(ミシェル・ファイファー)の行方を追っている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4058文字/本文:4580文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次