読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1279383
0
スルースキル − “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法 −
2
0
52
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『スルースキル − “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法 −』
[著]大嶋信頼 [発行]ワニブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
52
| |
文字サイズ



 やりたいことを自由にやれている人を見かけると「うらやましいな~!」と思うんです。


 そんな人のように自由にやりたいことができるようになりたくて、観察していると面白いことが見えてきます。

「あ! 人の批判とか全然気にしないんだ!」と、なんだかびっくりさせられます。「え? ちょっと酷いこと言われているけど大丈夫?」と心配になる場面でも「スルー!」して、全然気にしている様子がないんですけど!


 ……というように、人の不快な言動をいつも聞いているようで受け流すことができているんです。



 そういう人は、ちゃんと自分に必要なアドバイスだけ拾って、どんどんヴァージョンアップしていきます。他人から批判されても聞いてないので、どんどん自由になっていくのです。



 面白いことに、他人からの批判を気にするのは「人から批判されないように」するためのはずなのですが、気にすればするほど批判は酷くなってしまいます。


 そして、スルーできてしまう人は「他人の批判から学習しないからどんどん批判が強くなるのでは?」と少々意地悪な見方をしたくなりますが、逆に「批判されなくなった!」という面白い現象が起こります。だから、スルーできる人を見ていると、スルーしながら我が道を進み、かつ周囲から尊敬されるようになっているから「すごい!」となるのです。



 また、スルーできる人は批判を気にしないからなのか、周りの人の感情にも流されません。


 たとえば、周りに困っている人がいても「スルー!」してしまい、気にも留めません。


 目に入っていないのか、わざと無視をしているのかはともかく、それを見た私は「あんな風に人の感情を自然とスルーできるなんてうらやましいな!」と思います。



 周りが怒っていても、困っていても、不安になっていてもスルーしちゃうから淡々とやりたいことを続けられる。


 さらに、自由で楽しそうに生きているその“スルーしちゃう人”に、周りの困っていた人たちも引きずられて、不安や怒り、そして困難からいつの間にか解放されていく──。



 以前の私は「困っている人を助ける方が人から尊敬される」と思っていたのですが、全然そんなことはなくて、いつの間にか足を引っ張られて、「苦しみの世界に引きずり込まれる~!」となっていました。


 けれども、スルーしちゃう人は、困っている人を気にしないので、最初は「あれ?」と思うのですが、そのうちその困っている人もいい意味で影響されて、結果的に困難から解放され、自分のことをスルーした人を尊敬するようになっています。「あんなふうにスルーできるようになれば、自分の人生はもっと楽になっていたのに」と、そんな人を見るたびに思っていました。



 加えて、スルーできる人は、いい意味で「鈍感」です。そのため、「しなくていいこと」をスルーできるから、時間を無駄にすることがありません。しかも、それを意識してやっている様子はなくて、自然に「スルー!」しているんですよね。



 私は、めちゃくちゃいろんなことに敏感で、ちょっとしたことでもすぐに気になってしまう、という性質を持っていたので「いろんなことが気になって仕事がちっともはかどらない!」とか「好きなことが一切できない!」ということが多々ありました。


 スルーできる人のように鈍感になれば、自分のやりたいことだけを見ていられるから、ものすごく効率よく事が運ぶし、スルーした不快なことまでいつの間にか解決してしまっています。スルーする人を見ていると、本当にうらやましくて面白いんです。



 私がいかにこれまでの人生で損をしていたのか、ということがめちゃくちゃ敏感だった私は気になっていたんです。「あの人のようにもっと鈍感になれたら!」とずっと思っていました。


 鈍感になる努力もたくさんしてきたのですがなかなかうまくいかず、悩みを抱えながらこれまで生きてきました。


 けれども、カウンセリングの仕事を通して、私と同じ「敏感すぎる仲間たち」と出会う中で「あ! もしかしてスルーするってこういうことなのかも!」ということが見えてきたのです。



 そして、カウンセリングにいらしてくださる「敏感すぎる仲間たち」が、いつの間にか鈍感になってスルーできるようになった時に「あ! これまでと違った美味しい人生を生きられるようになっている!」と嬉しくなるんです。


 さらに、同じように私も鈍感になっていて「あ! 人生ってこんなに楽に生きられるものなんだ!」と、これまで体験したことがなかった不思議な感覚を感じることができたんです。



 本書では、どうしてスルーできないの? という仕組みなどを紹介しながら、どんどん鈍感になって美味しい人生が生きられる方法をお話ししていきます。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
52
残り:0文字/本文:1927文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次