読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1281236
0
会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン
2
0
2
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』
[著]川野泰周 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 毎日なんとなくやる気が出ない……。


 風邪を引きやすい……。


 肩こりと頭痛がひどい……。


 朝だるくて起きられない、夜なかなか眠れない……。



 みなさん、こんな悩みはありませんか?


 私の勤める心療内科クリニックには、心の悩みだけでなく、慢性的な体の症状を訴える方が日夜来院されています。


 体調不良が続いたことがきっかけで、上司や同僚にすすめられて、しぶしぶ心療内科に来てみたら、実は心の問題があった。こういう方がとても多いのです。



 私は精神科医であると同時に、禅僧として、企業や個人のみなさん向けに、坐禅や瞑想を用いて心を整える講座を多数開催してきました。


 その中でも、企業の研修として心身を整えるためのマインドフルネス講座の講師を務めることが、近年とくに多くなっています。


 こうしたセミナーを受講される会社員の方の中には、ご自身でも気づかぬうちに、「うつ」や「不安症状」といった、心の不調が生じている方が数多くいらっしゃいました。


 ほうっておくと、「うつ病」や「適応障害」といった心の病に発展する危険性がある方も少なくありません。


 ところが、そういった心の不調に気づいている人はほんのひと握りで、多くの人はご自身の心の疲れやストレスに「気づけないでいる」という現状を目の当たりにしました。



 このような方々に共通して見られる性格傾向は、みなさん責任感が強く、ものすごく真面目だということ。



 結果を出せるよう、上司の言うことを一生懸命に聞く。


 他人と足並みをそろえて懸命に働く。


 完璧主義で、自分の心身のことよりも周囲からの評価を重んじるため、どんなときも仕事を優先する。



 その結果、心と体の異常をスルーしてしまうのです。


 自分の嫌なことはやらない、仕事は最低限お金がもらえればいい、といったタイプの人はもともとメンタルを病むことは少ないでしょう。


 一方で真面目な人はそれこそ身を粉にして働き、気がついたらつぶれてしまっているということが少なくないのです。


 だからといって「みんな不真面目になりましょう」では、解決になりません。



 この本を手に取ってくださった方は、きっと根が真面目で、毎日の生活にストレスを感じていたり、体調を崩しかけたりしている、もしくは心療内科や精神科に通院されたりしている方もいらっしゃるのではないかと思います。


 ストレスをコントロールするにはまず、自分自身の状態に気づく、つまり「己を知る」ことが最初のステップです。


 本書では自分自身の状態を的確に観察することができる、マインドフルネスや禅の考え方をベースに、みなさんの日々の仕事や日常で使える手法をお伝えしています。


 そして、自己を見つめ直し、より良い人生を歩む足がかりにしていただきたいのです。



 どのような方であっても、心身の状態が今よりもずっと楽になり、仕事や人間関係、ひいては人生そのものが、力を抜きながらもうまくいくように。やりがい、生きがいを持ってwell-being(幸せに生きること)を達成できるように。そんな願いを持って、私がこれまでに禅の修行やマインドフルネスの指導、あるいは十余年の精神科診療で培ってきた経験と知識を総動員して、この一冊を執筆させていただきました。



 ストレスはどんな立場の人でも決して避けることのできないものですが、工夫次第、対処次第でマイナスではなく、「成長の糧」というプラスのものに変えていくことができます。



 みなさんにとってこの本が、ご自身の歩んでこられた人生を温かな眼差しで振り返り、新たなる「令和の時代」を、希望を持って生きていくきっかけとなれば幸いです。


 ぜひリラックスして気軽に、楽しみながら読んでみてくださいね。


川野泰周 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:1522文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次