読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1283569
0
“YES”新・受け入れの法則
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 始まりの扉

『“YES”新・受け入れの法則』
[著]山川紘矢 [著] 山川亜希子 [著] あーす・じぷしー naho&maho [発行]PHP研究所


読了目安時間:20分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


自分のYESを、愛を
受け入れることから
始めよう

あーす・じぷしー

naho


新たな時代の始まりに



 2019年が幕を開け、新しい元号の時代がやってきました。2020年には東京オリンピックも開催されます。

「いい時代が始まるのかもしれない。今よりも、世界がよくなるのかもしれない」と、いい変化の訪れに期待を抱いている人はたくさんいると思います。


 私も、大きな始まりの扉が開いたのを感じています。希望で黄金に輝く時代の始まりの門が開いたのです。


 希望で黄金に輝く時代とは、人間が真の進化をして愛に向かって歩む時代です。一人ひとりが自分の内に愛という指針を見つけ、自分という役割で最大に輝くときです。



 しかし、とても重要なことがあります。時代が変わったからといって、私たち一人ひとり、全員の人生が希望で黄金に輝くかといったら、そうではありません。


 エスカレーター式に自動的に愛を体験し、輝く道へ運ばれるわけでは決してないのです。


 まったく変化なく今までの人生を繰り返す人や、もっと苦しい時代が始まる人は少なくありません。


 希望で黄金に輝く人生へ突入するためには──これはとても、とても、大切なことです。よく、聞いてください──“あなたの意志”が必要なのです。


 あなたの“愛”や“希望”を選ぶ意志がなければ、あなたの人生も、この世界も、何も変わることはないのです。


 今、私たちは以前よりも強い声で、

「さあ、今までいろいろなことがありました。では、あなたは何を望みますか?」


 と、問いかけられています。


善い変化はあなたのYESから始まる



 私は意志のことを“YES”と呼んでいます。YESは、一般的に使われる言葉の中で最も肯定的な言葉です。


 宇宙の始まりの言葉“Om(オーム)”と同じ意味、エネルギーを持つYESです。


 あなたの存在そのものがYESであり、私たち一人ひとりの意志がYESです。


 すべての人が持つ究極の意志とは「平和でありたい」という願い、「幸せでありたい」という願い、「存在そのものの尊厳」という3つです。




 まずはYES、すべてはあなたの意志から始まります。


 この宇宙も、「存在したい」という意志からできました。いつでも現象が生まれるのは、意志からなのです。


 平和や自分の持つ大きな希望へ歩く道は、人類の真の進化であり、あなたの待ち望んだ人生なのです。


 愛を受け入れるには、真の進化を受け入れる意志が必要です。


 愛で生きると生活習慣が変わり、なじみのものが変わり、心地よいと思うものが変わり、意識が変わり、ふるまいが変わります。


 大きな善い変化は、あなたが「YES」と言うことから始まります。



 ひとつ覚えていてほしいことは、何度も、何度でも出発していいということ。


 3歩歩いて2歩戻り、迷い、そのときにまた、YESへ進み出すしぶとさを持ってください。


 どんなに困難な道でも、あきらめそうになっても、愛に進む道の上にいる人は、世界から、神から、祝福され、大応援されます。


 そのくらい、愛の道を歩くことは、尊い行為なのです。



 あなたのYESは何ですか?


 さあ、待ちかねた人生を、世界を、始めよう。


人類は滅亡を繰り返してきていた



 今、みんなに伝えるようになっていた、とても大切な“意志”の話をさせてください。



 2017年12月、私は、インド哲学や瞑想を広めている団体に案内してもらい、初めてインドを訪れました。美しいホールや菜食を提供してくれる食堂、心地のよい瞑想のための部屋がいくつもある敷地で、10日間の瞑想リトリートに参加したのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8078文字/本文:9542文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次