読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1284098
0
清く、正しく、欲を持て。 幸せな人生を呼び込む80のルール
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『清く、正しく、欲を持て。 幸せな人生を呼び込む80のルール』
[著]竜庵 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「光の玉」から教わったこと




 私が生まれ育ったのは、歩いていてもほとんど人に遭遇しないような田舎でした。遊び場所は山、森、海、川。遊び相手は大自然と共存している不思議な存在。といってもお化けや幽霊の類ではなく、ジブリの世界に近い者たちです。


 いつも宙に向かって話している私を、周囲の人々は奇異な目で見ていたと思います。


 そんな13歳のある昼下がり。


 その日はなぜか自分の部屋にいて、何となくボーッとしていました。


 すると突然、頭上から超巨大な「光の玉」が降ってきて、一気に私を包み込んだのです。まるで光に押しつぶされて「光漬け」になったような感じでした。


 ほどなくして、今度はその光の中から私に向かって話しかけてくる声が聞こえてきました。


 それは男でも女でもない声音、荘厳ではなくカジュアルな口調。受け入れやすいように振る舞ってくれたのか、それとも遠い未来の自分がやってきて自分に語りかけているのか…とにもかくにも私は「光の玉」から1年間、あらゆる分野に渡ってみっちりと説法を受けることになったのでした。


 その情報量は膨大で、説法中はメモを取ることができません。


 忘れていることもあれば、脳裏に焼きついているものもあります。


 しかし、今でも強烈に覚えているのはこんな言葉です。


「自分のタガを外して人生を楽しみなさい」

「女性は特に、子宮に忠実にならなくちゃ。子宮と口は同じだよ」

「『私はいいからあなたが幸せになって』は偽善者。自分が幸せになったら周囲も幸せになるのだから」

「まず自分を許す訓練をしていく」

「毒を持ちなさい」

「不平不満愚痴があっても当たりまえ。それがあるからこの世は面白い」

「愛ある行動と言葉を使おう。できないけど使うようにすること」

「よい言葉を使って、自分の機嫌は自分で取ると楽しいよ」

「私たちは何十万回も生まれ変わって、たくさんの人と出会っている。今世もすべての人との出会いに意味があるんだよ」

「偶然はない。すべては点と点が線に繋がっていく必然なんだよ」

「神は、愛と光だよ」



 まだ13歳ですからよく意味はわかりませんでした。それでも楽しい1年間だったなぁと思って時計を見たら…何とたった1分間しか経過していなかったのです! 一体どういうことなのか、未だに謎のままです。


 しかし1020代の私は、そんな説法を受けたことも忘れて不平不満愚痴を言いたい放題の生活を送っていました。15歳で美容業界に飛び込み、あっという間に成功してしまったので「私は何でもできる」「私がこの世でいちばん偉い」と思い込んでいたのです。相手が間違っていると思えば年上だろうが噛みついて、誰とでもケンカをする傲慢で最低の人間でした。


 その結果、人は逃げていくわ、売上金は盗まれるわ、店は潰れるわと、もう散々な目に遭いましたが、今ではすべてが尊い経験だと思っています。


 不平不満愚痴の塊だったからこそ、傲慢だったからこそ、「光の玉」から受けた説法を思い出したのです。


 私はそれまでのネガティブな自分を認め、受け入れました。


 認めて受け入れたら、今度はポジティブな考えが芽生え始めました。

「今まで経験したさまざまな出来事は失敗のように見えるけれどそうではなく、成功への布石だったのだ」


 するとそこでもうひとつ、「光の玉」から教えられたことを思い出したのです。



 死んだらね、天国に行く前に必ず3つ、聞かれることがあるよ。


 この世を楽しんだかい?


 自分を愛して大切にしたかい?


 他人に親切にしたかい?



 今を楽しく、幸せに生きよう。


 そう決めてから、私の人生には「成功」と「大成功」しかなくなりました。



 私は「美容研究家・()(ぐち)(けん)(すけ)」として美と健康をサポートするとともに、「スピリチュアルカウンセラー・竜庵(りゅうあん)」として心のケアや生き方のサポートを提案させていただいています。


 キーワードはどちらも「楽行で大笑い」です。


 ダイエットも美容術も生き方も、カンタンで楽しければ長続きします。


 生きること自体が修行ですから、それ以上苦労する必要はありません。


 笑えば笑うほど、福と幸せがやってきます。


 難問にぶつかっても「なるほどそう来ましたか」と楽しむことができれば、難行苦行が楽行に変わります。


 この一冊には、私が「光の玉」から教えていただいた「楽行で大笑い」できる人生の歩き方が詰まっています。


 どれもカンタンですから、楽しんで実践できると思います。


 3か月後、半年後、1年後、あなたの毎日が幸運に包まれていますように。


スピリチュアルカウンセラー 竜庵

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1882文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次