読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1284288
0
モテとか愛され以外の恋愛のすべて
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
09 カレシの知らない私

『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』
[著]桃山商事 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「カレシの知らない私」とは、

女性たちが隠し持っている

カレシや夫に見せていない一面のこと。

女性たちが「こんなところ見せられない」と

思っている一方で、男性のなかには

「見たくない」という感情も

存在する気がします。

その最たるものが、

女性のオナニーや性欲の話でしょう。

多種多様な「カレシの知らない私」を

紹介していきます。



ワッコ わたしの女友達は、シャワーを浴びてるときに必ずおしっこをしちゃうらしいんですよ。そのことは絶対カレシに話せないって言ってました。

森 田 それは確かに言いづらそう。シャワーのときのおしっこは、男女問わず結構たくさんの人がやってるんじゃないかなと思うけど。

清 田 シャワーを見ながらおしっこを我慢するのは不可能なのよ。俺は実験したことがあって、何回やっても我慢できなかった。

森 田 どういうこと!?

清 田 メカニズムはわからないけど、尿意を抱えたままシャワーを見続けることはできないから、ぜひ試してほしいです。

ワッコ 探究心がすごい。その子はもはやパブロフの犬みたいに、シャワーの音を聞くだけで尿意を催すと言ってました。カレシがいるときは、一緒にお風呂に入ることがあるじゃないですか。カレの前でおしっこするわけにいかないから、彼女は事前に3回くらいトイレへ行って入念に備えておくみたいです。

森 田 人知れない苦労だね。「お風呂でおしっこする私」も「お風呂でおしっこしないように準備する私」も、カレシは知らないわけだ。

ワッコ 墓場まで持っていくと言ってました。


裸で洗濯物を取り込む私を、

カレシは知らない


清 田 俺の女友達は、裸で洗濯物を取り込む私を、カレシは知らないと話していた。

ワッコ 今のとこだけで、あるある!と言いたくなります。

清 田 彼女は休みの日に家にいるときは、だいたい裸で過ごすんだって。で、夕方になって洗濯物を取り込むときには、カーテンをくるっと巻きつけて、手だけベランダに出して取り込んでいるらしい。こんな私をカレシは知らないだろうなあと言っていた。

ワッコ わたしはカーテンすら巻かないこともあります。お風呂上がりに「やべえ、パンツがない!」ってなったときに、リンボーダンスみたいな無理な体勢になってベランダに干してある洗濯物を引っ張り取る。いちおう身体は死角に入ってるつもりですけど、隣のマンションからは見えてるかもしれない。

清 田 「夏は下着姿で料理してます」という女性もいた。ワッコ的にはこれはどう?

ワッコ 全然ありますね。

清 田 下着姿って、ブラとパンツのみってこと?

ワッコ 家でブラはつけてないですね。

清 田 そうか。俺はなんとなく、「ブラ+パンツ」っていう姿を想像してた。

ワッコ ブラは窮屈なんで、帰宅したら一刻も早く取りたいんですよ。だから夏は「Tシャツ+パンツ」くらいのことが多いです。

森 田 家での格好って人によって全然違うよね。実家が“裸族系”の人は、ひとり暮らしをしても裸族になることが多いんじゃないかな。

清 田 確かに。ただ一方で、実家では絶対できなかったことを、ひとり暮らしでのびのびやってるって人もいるような気がする。

ワッコ 実家には父親とか兄弟とか、男性がいる場合も多いですからね。

清 田 うちの実家は裸族ではなかったけど、俺は夏の風呂上がりとかについ裸でうろうろしちゃう。

森 田 「自分の家では裸族だけど、カレシの家では絶対に裸では歩かない」と言ってる人もいたなぁ。

ワッコ わたしもそれです。人それぞれだとは思いますが、わたしの場合、裸をできるだけ見られたくないというのがあるんですよね。とにかく自分の身体に自信がないから、セックス以外でできるだけ開示したくない。セックスしてるときと違って、日常生活では自分のアラを冷静に見られそうで怖いんです。カレシに「乳首、茶色いなー」とかしみじみ思われたらつらい……。

清 田 確かに平常時に裸をまじまじ見られるのって怖いよね。もしかしたら、そのときに想定してる相手の視線には、自分の不安やコンプレックスが反映されているのかもしれない。

ワッコ そうですね。コンプをカレシが肯定してくれるようになったらすごく安心するだろうなと思います。「茶色い乳首っていいね!」って言われたら、多分ホッとしますよ。そうなったら自分で乳首の茶色さをネタにできるところまでもっていけるかもしれない。「この木のテーブルと同じくらいの色かな?」とか。

森 田 ワッコはいきなりぶち込んでくるよね。

清 田 けど、不安を笑いにできる関係って気が楽だよね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10314文字/本文:12175文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次