読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1287456
0
あなたの心に聞きなさい
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第6章 人生は、後半にいくほどおもしろい

『あなたの心に聞きなさい』
[著]高橋恵 [発行]すばる舎


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 私は常々、人生は後半からがおもしろいと言っていたのですが、最近は「人生は後半の後半がさらにおもしろい」と感じています(笑)。


 歳を重ねることを「老い」だと毛嫌いしないで、というより、老いる・老いないなんていうことは気にせず楽しんだらいいと思うのです。


 孔子の「論語」に出てくる有名な言葉があります。

(われ)十有五にして学に志す。三十にして立つ。


 四十にして惑はず。五十にして天命を知る。


 六十にして耳(したが)ふ。七十にして心の欲する所に従へども、(のり)()えず」。


 孔子が人生で得たことを語ったものだそうで、訳すと、

15歳で学問を始めて、30歳でやっと自立できるようになった。


 40歳で心の迷いがなくなり、50歳になって天に与えられた自分の使命がわかった。


 60歳で人の言うことに素直に従えるようになり、70歳になって自分の心の思うままに行動しても人の道から外れないようになった」


 というもの。


 あらためて見てみると、本当にそのとおりだなぁと思うのです。年齢やステージが変わるたびに人生には新しい発見や喜びがあります。


 私は20代半ばで結婚をして、子育てのかたわら仕事もしていました。


 子育てをしつつ、働きに出る……そんな生活を10年ほど続けて、離婚をすることになったのが40歳を過ぎてから。


 子どもたちを引き取りたくて、少しでも高い収入を得られるようにと選んだのが起業でした。


 不思議なめぐり合わせで、思ってもない方向に人生が進み始めました。


 でもきっと、人生とはそういうものなのです。


 10代、20代、30代のときに考えていたとおりに人生がいくことなんて、ほとんどありません。


 親やまわりの大人に人生を学び、その価値観でもって生きるのが30代くらいまで。そうして経験をしていく中で、40歳を過ぎて自分の価値観がはっきりしていきます。


 これは、40歳になったら新しい仕事を始めましょうとか結婚や離婚をしましょうとか、もちろんそういうことを言っているのではありません。


 ただ、「自分が思っていたとおりに生きなくてはいけない」という考えを、捨ててしまっていいのではないでしょうか。


 そして、心を整理してみてください。


 理想やあこがれは、若いときには原動力になりますが、年齢とともに足かせになってきます。「不満」や「不安」の原因になるのです。


 ですから、40代前後で今までやってきたこと、学んできたことを整理して、自分が大切にしたいことを確認して、新たな気持ちで生活をしたらいいと思います。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5440文字/本文:6494文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次