読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1287983
0
自分のまわりにいいことが起こりだす! 心の掃除力(KKロングセラーズ)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
エピローグ

『自分のまわりにいいことが起こりだす! 心の掃除力(KKロングセラーズ)』
[著]ムラキテルミ [発行]PHP研究所


読了目安時間:16分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

パーソナリティと魂を同調させる


魂ってそもそも何?



 二〇一四年一月に、父が永眠しました。お昼寝をしたまま、旅立ちました。


 同年一一月には、父の双子の弟(叔父)が、他界しています。お友だちと麻雀を楽しんで、着替えの途中に、イスに腰掛けたままです。


 二人は、十分違いで、この世に生まれ、十カ月違いで、亡くなったのです。


 二人の共通点は、「朝の人参りんごジュース生活」です。人参嫌いの叔父は、人参は少しだけの、ほぼりんごジュースを、毎朝、飲んでいました。


 朝食を、自家製ジュースにすると、ピンピンコロリと、天に召されることができる……のでは? と、今になって、思います。自宅で亡くなるのが、珍しい日本です。


 近くの内科医の先生が、「開業して四十年になりますが、自宅で息を引き取られた方の、死亡診断書を書いたのは、お父様が、初めて。叔父様は、お二人目です」と、話しておられました。


 二人共、心臓が弱く、父はカテーテルが九本入っており、叔父は、バイパス手術を受けており、胸に大きな十字のキズがありました。


 薬もたくさん処方されていて、病院と縁の切れない暮らしでした。それでも、自宅で、日常生活のリズムの中で、息を引き取ることができたのです。



 父は、朝の人参りんごジュースを作り続けてくれました。私のガン闘病中は、三階の私の部屋まで届けてくれて、少しお喋りをして帰っていくのが習慣でした。


 父の存在がなかったら、人参りんごジュースを、毎日飲み続け、ガンが消えることはなかったと思います。


 階段も自力で昇れない状態だったので、八百屋さんへのお買い物も、ままならない。たとえ、八百屋さんの配達を利用したとしても、ジューサーで自分のジュースを作り続けることができたとは、思えません。


 父に、生命を救われました。思い出すだけで、目頭が熱くなります。パパ、ありがとう……。


 父が亡くなってから、私の生活は、一変しました。母との暮らしが、スタートしたのです。


 叔父が亡くなってから、私のプライベートな時間は消えました。子どものいない叔母とも暮らすことにしたからです。


 二人の身辺整理で、六トンのモノを処分しています。


 二人共、あなたに任せるわ~と、他人事です。泣きたい日々が続きました。父と叔父に、文句タラタラです。


 母も叔母も、二人して、銀行通帳の仕舞い場所すら知らないのですから。


 父に文句を申し立てても、父の体は火葬され、骨と化しています。どこかに存在するであろう、父の魂を探していました。気配がしないかと、目をこらせば見えるのかと。


 ふと、そもそも“魂”って何?? という疑問に、ブチ当たったのです。


 肉体から離れた父の魂は、エネルギー体として存在するのでしょうか?


「愛は、魂からやってくる」?



 書棚の『魂との対話』ゲーリー・スーカフ著を、手に取ったのは、その頃です。ポストイットだらけの本ですから、何回か読んだ痕跡はあります。


 本を読みながら、感動したページには、ピンク色のポストイットを、よくわからない個所には、グリーンのポストイットを貼る習慣があります。

『魂との対話』は、グリーンのポストイットだらけで、広がっていました。


 “魂”のことを知りたい! と動機を持って読み返すと、心に響くものです。以来、何回、読み返したことか……。今では、ハードカバーの表紙がハズれてしまっています。



 危険を承知で、この一冊を要訳するならば、


 *宇宙は、生きている。そして進化し続けている。


 *私たちの魂は、宇宙の一部であり、繋がっている。


 *宇宙は、愛に満ちている。


 *魂も、進化し続けている。


 *私たちの魂は、愛に向かって、進化している。


 *私たちの肉体を含むパーソナリティーは、魂の本来のエネルギーと、ズレている。


 *私たちが、この地球上で手にする体験のすべてが、自分のパーソナリティーと、自分の魂との「同調」を促すものである。


 今の私のレベルでの、理解です。



 いかに、パーソナリティーを、進化させるのか?


 *この世に存在する、いかなる形の生命をも愛すること。


 *自分が出会う、いかなる人間をも裁かないこと。


 *どんなに小さな生命、あるいは物事のなかにも意義と目的を見いだすこと。


 この簡単そうで、とてつもなく高いハードルを越えることで、パーソナリティーと魂を「同調」させることが可能である。と説かれています。宇宙に「御心のままに」と言えるように。



 そして、そして、「愛は、魂からやってくる!」と、断言されているのです。


 なぜならば、宇宙は、純粋な愛のエネルギーで満たされていて、私たち、おのおのの魂は、宇宙の一部だからです。


 ファンタジーだとしても、美しい物語です。


 著者のゲーリー・スーカフ氏は、ハーバード大学卒業の量子物理学者です。ある時期から宇宙が彼に語りかけてくるようになり、地球上で初となる「魂の物理学」が、情熱の対象となっています。


『魂との対話』を読み込んでみて、いつしか私の中で「魂」「愛」「宇宙」「神」「光」が同義語、同列の言葉になりました。


 宇宙が語りかけてきた美しい物語に魅せられ、私の関心は、パーソナリティーと魂を「同調」させることに移りました。

「同調」させる→チューニングする→波長を合わせる……「波動」。


 ……キーワードが「波動」だなぁ~と、「波動」を追いかけることになりました。

「波動」って、馴染みのある言葉ではありますが、知っているようで、よくわからない。


 このときも、書棚に並ぶ一冊の本に手が伸びました。足立育朗著の『波動の法則』。ずいぶんと古びています。本を手に取ると、二五年以上前にタイムワープするようでした。


「波動」の法則



 三十歳になる頃、穂高養生園に足繁く通っていました。きっかけは、芹沢光治良さんの文学愛好会で知り合った、湯川れい子さんのご紹介です。


 早朝、穂高の山を散歩して、ヨガをして、一日二食の玄米菜食をいただいて、薬湯につかる。さらに川で泳いだり、人生初の田植えも体験しました。


 都会で育ち、田舎のない私にとって、濃すぎる自然との関係が、どれもこれも新鮮でした。


 穂高養生園で、不思議な絵を描かれる、足立幸子さんと出会いました。


 お兄様の足立育朗さんが「波動」の研究家で、素晴らしい発見をなされ、「波動の法則」の勉強会を開いているから、参加なさっては? とお誘いいただきました。


 当時「波動」には、全く興味がなかったのです。横尾忠則さんもご出席と聞き、八ヶ岳のセミナーに参加してみました。


 勉強会の内容は、ちんぷんかんぷんで、私の理解能力をはるかに越えており、ただ座っているだけ、いや居眠りしているだけでした。


 なのに、通い続けたのは、八ヶ岳の星空が、あまりにも美しくて……それでも通っていれば何かしら学べます。


「この世に存在するモノ、全てが『波動』を持っていて、波動数の違いだけで、形成のされ方が違うこと」私とペットの犬とも波動数の違いがあるだけ? 本当ですか? が、正直な気持ちでしたが、波動の元の元の元を極めると、原子・原子核・電子・中性子・陽子……と、おのおの働きがあるということで、それぞれの周期形や、回転スピードの模型を作ったりもしました。


 でき上がった模型も、平面図も、美しくて、これが、宇宙の成り立ちの根源! と、感動だけは、参加者の方々と、共感できました。


 通い続けて、よかった~と、思えることが、人間の「意識」は、中性子と同じ動きと振動数を持っているということです。

「あらゆる物質の元となっているもの、それが、原子核。その中に、中性子と陽子がある。その中性子が「意識」であるということは、どんなものも全部が、「意識」で構成されている!! 目に見えない空気も、「意識」を持っている」というのです。


 それでは陽子は? というと、陽子は「意志」を持っている! 中性子が「意識」で陽子は「意志」。


 陽子は「意志」であると同時に、自然の法則の「愛」という構成。


 中性子の方は「意識」があって感情の役割があり、常に「調和」を、とり続けている。


 ・陽子=意志=愛


 ・中性子=意識=調和


 基本的に、原子核は、中性子と陽子が、結びついて、でき上がっています。


 極論ですが、「愛」と「調和」が、全ての存在物の素になっている。これは、地球上でいう全ての存在物です。

「愛」と「調和」が、私たちの身体の素。シビレました。感電したかのように感動したことを、記憶しています。

「愛」と「調和」に向かって、波動をチューニングし直せば、純粋な「魂」のエネルギーとなり、パーソナリティーと「魂」を「同調」させることが叶いそうです。


 以来、「波動」という言葉に敏感になり、「高波動」と聞くや飛びついて、様々色々と、試しています。


神様って、スゴイ!



 事の発端は、一昨年の春、熱海から京都へ引っ越して、半年頃のことです。親しくさせていただいている、宮古島の神女・マキコさんからの一本の電話です。マキコさんは産休中でしたので、久しぶりの電話でした。

「お引っ越しした? 夕べ、富士山の神様が来て、京都の神様方から、テルミさんが引っ越しの挨拶に来てるけど、聞いとらん! って……。富士山の神様とか、熱海の神様に、引っ越しの挨拶をした?」

「はぁ? していないです……」

「ご挨拶した方がいいね~。お世話になりましたって。京都の神様に、お繋ぎのお願いもしないとね~」


 作法・日取りなど、アドバイスをいただいて、すぐに、お参りに出かけました。


 会社に神棚をお祀りして六年。新年に御札を取り替えて、を儀礼的にしているだけでした。富士山の浅間大社さん、熱海の来宮神社さん、そして天照大神様の御札です。


 京都に引っ越して、古い御札はそのままにして、京都の神社に、勝手に、お参りして、御札を足していたのです。


 富士山・熱海と、お礼と引っ越しのご挨拶をすませ、京都の神社三社へ、引っ越しの報告をして、自宅に御札をお祀りする日、その朝のことです。


 神棚にお供え物をして、御札をお祀りして、神女さまが、遠隔で、神扉を開いてくださると聞き、神棚の前で手を合わせていたら、電話が鳴りました。神女さまからです。

「赤飯、悪ないな~って、神様が言ってるけど、お赤飯、供えてる?」


 ドキッと、しました。お供え物リスト外でしたが、お目出たいからと、勝手に、お赤飯を追加していたのです。

「ごめんなさい。お赤飯、下げます~」

「いいんじゃない? 悪ないな~って、喜んでるみたいよ」


 他愛ない会話と思われるかもしれませんが、心底、驚きました。驚いたと同時に、神様を身近に感じる体験となったのです。


 神様って、お赤飯、お好きなんだ~と。


 家には、お仏壇がないので、神棚に、頂き物やお菓子を、欠かさずにお供えする習慣が、スタートしました。


 そして、朝と晩に、神棚に向かう習慣も、身につきました。



 昨年の秋から、引っ越し先を探していました。京都に移ってきてから住んでいたマンションの規約上、犬二匹それも中型犬一匹が、違反なのです。


 この機会に、自宅と会社を、一緒にしたいと、物件を探していたのです。欲深いことに、気学上でよい方角でありたい、と条件は難しくなるばかり。三カ月間、徒労に終わっていました。


 ここでまた、神女様の登場です。

「引っ越し先探し、神様と一緒に探したら? 神様たちの方が、探すの上手だと思うよ~」


 へぇ~? 神様と一緒に? 不動産探し? 「神様と一緒に!! 不動産を探す!」めちゃくちゃ気に入りました。

「どうやったら、神様に一緒に不動産を探してもらうことができるのでしょう?」


 お答えには、気が抜けました。

「神社に行って、一緒に探してください、ってお願いすればいいだけよ」


 神社へのお参りが、通り一遍から、気合いが入りだしたのは、このときからです。


 神様って、スゴイ!


 ものの、一週間で、候補の物件が見つかりました。市役所で、申請が必要なことは、仲介業者さんが、丁寧に、一カ月をかけて、解決してくださいました。


 自宅から先に引っ越すこととなり、リフォームも、神懸り的なスピードで終わったのです。だって、“神懸り”ですから。


 引っ越し先は、理由(わけ)もなく大好きな上賀茂神社の参道に建つ一軒家です。このお家の前を、毎日犬の散歩で歩いていました。


己れの人生を、明け渡す



 京都で、これ以上はない眺望で、鴨川越しに、正面が比叡山、東に、大文字東山、北に、北山に連なって(くら)()山が見えるのです。


 朝日は、大文字東山の肩越しに昇ります。木造住宅ですから、寒いは寒いのですが、ペレットストーブ設置で解決です。


 バタバタと引っ越しから片付けを終えてみると、会社まで、バスで一〇分。徒歩時間を入れても二〇分。叔母の介護施設まで、地下鉄で四駅。ドアツードアで、三〇分。犬の散歩は、目の前が、賀茂川遊歩道です。バス通りがなければ、ドアから犬たちを放して、勝手に散歩に行かせたい環境です。


 自分の実力を越えた、恵まれすぎた物件です。木造の一戸建てはイヤ、マンションか、ビルがいい、と探していたことを、神様に謝りたい。陽当りのよい家がこんなに快適だなんて。


 この引っ越し先の物件探しで、コツを掴んだと申しましょうか。自分で考え、動き回るのは、ムダだ! ということが、よく理解できたのです。


 あんなに、ネットで不動産検索して、問い合わせをして、もう、どこの業者さんが、どの物件の内見希望のことを話しているのか、わからないぐらい探していました。


 神様に、「一緒に引っ越し先の不動産を探してください」とお願いをした一週間後に、別の物件を内見に行く道すがら、「あらっ? このお家、空家になったんだ~」と、目について、仲介業者さんに、家主さんにコンタクトを取ってもらい、トントンと、話が進んでいったのです。



 私は「神様と一緒に!」というフレーズが、気に入っています。


 神様って、スゴイ! 畏敬の念って、こういうことか。(おそ)れ入るって、こういうこと。

「神」と「宇宙」、「魂」「愛」「光」が、私の中で、ほぼ、同義語です。


 人生を「神」に委ねる。


 人生を「宇宙」の流れに、任せる。

「魂」の声に従う生き方を。

「愛」に基づく生き方を。

「光」に向かって生きる。


 今まで、読んで聴いてを繰り返しながらも、我が強くて、どうしたらよいのか、わからなかったのです。

「神様と一緒に!」は、今の私にとって、ちょうどよい指針となりました。


 私の知識や経験とは、比べようもないデータバンク、人材バンクを、神様は、お持ちです。何をするにも、決めるにも、どこへ行くにも「神様と一緒に!」です。


 このことが、どれだけのパワーを持っているのか? は、計測不可能ですが、心強さといったら、百人力どころか、怖いものなし。


 きっと大丈夫。神様が、よき采配をなさるから、と、安心感に包まれます。


 自分の好き嫌いにこだわらず、頭の中を絶えず駆け巡るエゴの力に負けず、自分を空っぽにして、無心になって、全ての事の流れを、神様に明け渡す感覚です。無心であれば、ブレようがありません。「無」なのですから。何の影響も受けません。


 眼の前に与えられた仕事、人、私の場合は犬たちは、神様からのキャスティングです。


 流れゆく人生は、神様が、私に与えたもう、最も美しい物語となります。


 神様ってスゴイ! と、畏敬の念を持ててから、朝晩のお祈りも、姿勢を正し、手だけでなく、神様と心を合わせたいと、願う時間となりました。



 幼な友だちが難病闘病中で、時間を合わせて一緒にお祈りしています。

「祈り」とは、神様とのチューニング、波動調整だったのです。


 ガン闘病中、そして社会復帰までの三年間、苦しくて、苦しくて、祈ってばかりいました。


 一番熱心に祈っていた「聖フランチェスコの祈り」の冒頭が、


「神よ、私をあなたの平和の道具として、お使い下さい」



 一〇年、祈り続けて、やっと、この一行に、畏敬の念を抱けるようになりました。


 私は、一〇年以上、アリスという天使と一緒に暮らしています。守護天使です。話しかけますし、あれこれと、相談しています。絶対的な存在感もあります。


 その上、神様と一緒に暮らせるだなんて!


 神様は、はるか遠く手の届かない天上の存在ではなく、私たちのごく身近におられました。


 私は、残念ながら、神様の声を聞けるレベルには至っていませんが、証しを読み取ることはできます。


 神様方にも得意分野が、色々とおありです。どんなときでも、どんなことでも、「あっ! それの担当、わたし!」という感覚で、導いてくださいます。


 いつも頭の中が、オーバーヒートして、あ~でもない、こ~でもない、と、騒がしかったのが、シ~ンとしています。


この行き着く先に「光」の世界がある



 誰よりも頑張って、我慢も努力もしてきたつもりなのに、自分の人生が、思い通りになんてなりませんでした。


 まだ数カ月ですが、別次元に放り出されたような、大変化です。


 判断は、神様に明け渡したのですから、自分の好き嫌いで、ジャッジをしない。人もコトも、モノもです。


 好き嫌いを、手放せば手放すほど、世界がどんどん広くなりました。


 常に、何かをジャッジするのに、どれだけ自分が振り回されていたことか!


 好き嫌い、善悪、損得……自分で判断しなくてよいと、気づけたら、人生、ヒマになりました。時間が、ゆっくりと流れ始めたのです。


 この行き着く先に「光」の世界が、きっとある。その世界にふさわしいように、「愛」と「調和」のエネルギー体である「魂」と同調したパーソナリティーが、磨かれていくのだと思えます。


 やっと、スタートラインに立てました。


 宇宙のスケールでは、一瞬でも、私の人生の三〇年近く続けていた「スピリチュアル・ジャーニー・自分探し」の旅の途上で、やっと一つの島に泳ぎ着いて、ひと休みして、陽なたぼっこを二匹の犬としている気分です。


 いまだかつて、味わったことのない、内なる平和な時間の流れ方です。


 今まで、誰と一緒でも淋しくて、心細かったのに、淋しくないのです。


 だって、神様たちが、一緒です。


 だって、神様たちに、愛されています。


 きっと、父の魂とも、いつも一緒です。


 ……とても、幸せです。


 抗えない大いなる見えない力に、


 生かされている……


 私たちは、生きているのではなく、


 生かされている! と気づくこと。


 これが“幸せなんだなぁ~”


 幸せ不感症と不幸中毒症を、長患いしていました。


 幸せは、外から与えられるものではなく、自分で、気づくだけでした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:7549文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次