読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1289225
0
ゼロからわかるメソポタミア神話
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ラマッス

『ゼロからわかるメソポタミア神話』
[著]かみゆ歴史編集部 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


欧米に持ち去られた神殿の守護女神たち



 翼をもつ人面雄牛や人面獅子のモチーフは、門の守護神としてシュメールからアッカド、そして後世ではアケメネス朝ペルシアまで、メソポタミア地方で広く用いられた。これらのモチーフはシュメールではランマ、アッカドではラマッスと呼ばれた精霊で、たくさんの像が残されている。そのうちのひとつはイランのペルセポリス遺跡にある「万国の門」の前に今も立っている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:629文字/本文:819文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次