読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1289583
0
ロシアを知る。(東京堂出版)
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ロシアをもっと知るための参考文献

『ロシアを知る。(東京堂出版)』
[著]池上彰 [著] 佐藤優 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

・五十音順に列挙しています。

・末尾に(★)がある書名は、本書の中で言及されているものです。

・中には品切れとなっているものもあります。図書館等でご参照ください。


『生き急ぐ──スターリン獄の日本人』内村剛介、講談社文芸文庫、2001年

『池上彰の世界の見方 ロシア──新帝国主義への野望』池上彰、小学館、2018年

『池上彰の そこが知りたい! ロシア』池上彰、徳間書店、2015年

『異端の人間学』五木寛之/佐藤優、幻冬舎新書、2015年

『インテリジェンスの最強テキスト』手嶋龍一/佐藤優、東京堂出版、2016年

『永続敗戦論──戦後日本の核心』白井聡、講談社+α文庫、2016年(★)

『MI6対KGB』レム・クラシリニコフ、佐藤優監訳、松澤一直訳、東京堂出版、2017年(★)

『エリツィンの手記──崩壊・対決の舞台裏』(上下2巻)、ボリス・エリツィン、中澤孝之訳、同朋舎出版、1994年

『応仁の乱──戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一、中公新書、2016年(★)

『オリバー・ストーン オン プーチン』オリバー・ストーン、土方奈美訳、文藝春秋、2018年

『カウンター・テロリズム・パズル』ボアズ・ガノール、佐藤優監訳、河合洋一郎訳、並木書房、2018年(★)

『共同事業の哲学』フェオドロフ、高橋輝正訳、白水社、1943年(★)

『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』ルーク・ハーディング、高取芳彦/米津篤八/井上大剛訳、集英社、2018年(★)

『霧のカレリア 五木寛之作品集2』五木寛之、文藝春秋、1972年(★)

『クーデターの技術』クルツィオ・マラパルテ、手塚和彰/鈴木純訳、中公選書、2015年(★)

『国体論──菊と星条旗』白井聡、集英社新書、2018年(★)

『告白』ボリス・N・エリツィン、小笠原豊樹訳、草思社、1990年

『国富論』(全3巻)アダム・スミス、水田洋監訳、杉山忠平訳、岩波文庫、2000年(★)

『国家の罠──外務省のラスプーチンと呼ばれて』佐藤優、新潮文庫、2007年

『ゴルバチョフ回想録』(上下2巻)ミハイル・ゴルバチョフ、工藤精一郎/鈴木康雄訳、新潮社、1996年

『沈まぬ太陽』(全5巻)山﨑豊子、新潮文庫、2001年(★)

『資本論』カール・マルクス、向坂逸郎訳、岩波文庫、1969年(★)

『宗教・地政学から読むロシア──「第三のローマ」をめざすプーチン』下斗米伸夫、日本経済新聞出版社、2018年

『新・ロシア人』(上下2巻)ヘドリック・スミス、飯田健一訳、日本放送出版協会、1991年

『戦争の日本中世史──「下剋上」は本当にあったのか』呉座勇一、新潮選書、2014年(★)

『戦争論』西谷修、講談社学術文庫、1998年

『ソ連とは何だったか』塩川伸明、勁草書房、1994年

『通貨誕生──ウクライナ独立を賭けた闘い』西谷公明、都市選書、1994年

『底辺への競争──格差放置社会ニッポンの末路』山田昌弘、朝日新書、2017年(★)

『デモクラシー以後──協調的「保護主義」の提唱』エマニュエル・トッド、石崎晴己訳、藤原書店、2009年(★)

『東大塾 社会人のための現代ロシア講義』塩川伸明/池田嘉郎編、東京大学出版会、2016年

『なにをなすべきか?』レーニン、村田陽一訳、大月書店、1971年(★)

『日ソ国交回復秘録──北方領土交渉の真実【増補】』松本俊一、佐藤優解説、朝日新聞出版、2019年

『日本人とユダヤ人』イザヤ・ベンダサン、角川文庫ソフィア、1971年(★)

『日本人の偉さの研究』中山忠直、先進社、1931年(★)

『ヒトラーの外交官──リッベントロップは、なぜ悪魔に仕えたか』ジョン・ワイツ、久保田誠一訳、サイマル出版会、1995年(★)

『プーチニズム──報道されないロシアの現実』アンナ・ポリトコフスカヤ、鍛原多惠子訳、NHK出版、2005年

『プーチンと甦るロシア』ミヒャエル・シュテュルマー、池田嘉郎訳、白水社、2009年

『プーチンとロシア革命──百年の蹉跌』遠藤良介、河出書房新社、2018年

『プーチンの国──ある地方都市に暮らす人々の記録』アン・ギャレルズ、築地誠子訳、原書房、2017年

『プーチンの国家戦略──岐路に立つ「強国」ロシア』小泉悠、東京堂出版、2016年

『プーチンの実像──孤高の「皇帝」の知られざる真実』朝日新聞国際報道部、駒木明義/吉田美智子/梅原李哉、朝日文庫、2019年

『プーチンの世界──「皇帝」になった工作員』フィオナ・ヒル、クリフォード・G・ガディ、濱野大道・千葉敏生訳、新潮社、2016年

『プーチン、自らを語る』ナタリア・ゲヴォルクヤン/アンドレイ・コレスニコフ/ナタリア・チマコワ、高橋則明訳、扶桑社、2000年

『炎と怒り──トランプ政権の内幕』マイケル・ウォルフ、関根光宏・藤田美菜子訳、早川書房、2018年(★)

『マルクスに凭れて六十年──自嘲生涯記』岡崎次郎、青土社、1983年(★)

『甦る怪物──私のマルクス ロシア編』佐藤優、文藝春秋、2009年

『甦るロシア帝国』佐藤優、文春文庫、2012年

『隣邦ロシア』秦彦三郎、斗南書院、1937年(★)

『老前破産──年金支給70歳時代のお金サバイバル』荻原博子、朝日新書、2018年(★)

『ロシア革命──破局の8か月』池田嘉郎、岩波新書、2017年

『ロシア革命100年の謎』亀山郁夫、沼野充義、河出書房新社、2017年

『ロシア──崩れた偶像・厳粛な夢』(上下2巻)デービッド・K.シプラ──、川崎隆司訳、時事通信社、1984年

『ロシアの論理──復活した大国は何を目指すか』武田善憲、中公新書、2010年

『ロシアは今日も荒れ模様』米原万里、講談社文庫、2001年

『ロシア無頼』内村剛介、高木書房、1980年

『ロシア 闇と魂の国家』亀山郁夫、佐藤優、2008年、文春新書

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2388文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次