読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1289898
0
寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版) 女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
25 それでも「そのままのあなたでいい」と私は言い続けたい

『寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版) 女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド』
[著]チェコ好き(和田真里奈) [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

「“そのままの私”を好きになってくれる人と結ばれたい」VS「いや、“そのままの私”を受け入れてほしいなんて甘えだ」の対立は、なかなか深いものがある。


 これについて、かねてより一家言ある私の見解を、今回はちょっと聞いてほしい。


 ここで争点となるのは「“そのままの私”とは何か?」ということだと思うんだけど……私の仮説は、“そのままの私”の範囲が男性はものすごく狭くて、女性は逆にものすごく広いのではないかということだ。


 例えば、朝起きたばかりのすっぴんでクマがひどくて髪の毛ボサボサの私と、スキンケアしてメイクして髪をコテできちんとワンカールさせた私。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1572文字/本文:1863文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次