読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1289900
0
寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版) 女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
26 シングルでも、タフにしなやかに生きていく

『寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版) 女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド』
[著]チェコ好き(和田真里奈) [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私にとってのニューヨークはいつだって、「東京のすごい版」である。


 自由でいられる街、世界中から野心を持った人間が集まってくる街、アウトサイダーを受け入れる度量のある寛容で多様性に富んだ街。


 すべては自己責任だが、自分がただ自分自身でいることを許してくれる街。


 そして、そんなニューヨークで20年以上生活してきたというのが、『ピンヒールははかない』の著書・佐久間裕美子さんである。



 ニューヨークは、「シングル=不幸」とは考えない街だという。


 東京もわりとそういう価値観の街ではあって、私の周りにも、シングルだけどそのことを特に引け目に感じていない、魅力的で背筋の伸びた女性がたくさんいる。


 寂しくないのに、周りから「寂しいでしょう?」と同情されるのは、自分の感覚がおかしいのではと思ってしまうのでつらい。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2698文字/本文:3066文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次