読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1290288
0
毎日をいい日にする!「感謝」のコツ 「日々是好日」の生き方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『毎日をいい日にする!「感謝」のコツ 「日々是好日」の生き方』
[著]植西聰 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

(にち)(にち)(これ)(こう)(じつ)」という言葉があります。

「一日一日を良い日としていく。それが、幸福で充実した人生につながっていく」という意味です。


 一般的にもよく使われている言葉ですが、その語源は禅にあるのです。


 ある禅の師匠が、弟子たちを集めて、「これから先、十五日間は、どのような日になると思うか、一言で言ってみなさい」と問いました。


 しかし、そう言われても、これから先のことなど、どうなるかわかりません。


 明日には、どのようなことが起こるかわからないのです。


 ですから、弟子たちは皆、何も答えられないまま黙っていました。


 すると、その禅の師匠はみずから、「日々是好日」と述べました。


 もちろん、この師匠にしても、これから先の十五日間には何が起こるかはわからなかったのです。


 実際に、良いことが起こる日もあるでしょう。


 しかし、反対に、悪いことがある日もあるかもしれません。


 思いもよらなかった災難に見舞われる日もあるかもしれません。


 雨が降って、楽しみにしていた外出の行事を中止にせざるをえない日もあるかもしれないのです。


 しかし、何が起ころうとも、そこで動揺したり、落ち込んだりすることなく、「今日という日を良い日にできるように、感謝して生きていくことが大切だ。そうすれば、意識の持ち方も変わり、何か工夫したりすることもできる」ということを、この禅の師匠は伝えたかったのです。


 実際に、「今日という日を良い日にしよう」という意識を持ち、また実践していけば、どのような日であれ「良い日」になるのです。


 感謝の心があれば、「悪い日」など一日たりともなくなるのです。


 従って、充実した楽しい人生、つまり「日々是好日」の生き方は、感謝の心からもたらされるのです。


 この感謝の心を持って「日々是好日」を実践していくことは、もちろん禅の修行者のみならず、どのような人たちにとっても「人生の重要な指針」になると思います。



 本書では、「具体的に、どのようにして一日一日を感謝して『良い日』にしていくのか。『日々是好日』を実践していくのか」、そのコツを様々な角度から解説しました。


 人生というのは、一日一日の積み重ねです。


 すなわち、今日という日を大切にして、今日という日をできるだけ楽しい良い日にしていくことを心がけることで、一日一日の積み重ねである人生というものがすばらしいものになっていくのです。


 そういう意味で、本書が、今日という日を良い日にするために少しでも役立つことができれば幸いです。

著者 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1057文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次