読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1290980
0
東儀秀樹の永遠のオモチャ箱
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 サイレントチェロ

『東儀秀樹の永遠のオモチャ箱』
[著]東儀秀樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 雅楽師というのはマルチプレーヤーである必要がある。吹けて弾けて叩けて歌えて舞える。どの楽曲のどのパートもマスターしていなければならない。指揮者のいない合奏では各々が他の楽器に通じていて他の奏者の気持ちも間合いもわかった上で自分の楽器を奏でる必要があるのだ。それだから究極のアンサンブルとも言われる。でもこれだけで驚いてはいけない。宮内庁の楽師たちは西洋のオーケストラにも変身するのだ。宮中晩餐会などで天皇陛下と国賓がお食事をなさる際、横でモーツァルトやベートーヴェンなどを生演奏しているのは、実は全員雅楽師なのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1348文字/本文:1608文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次