読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1291104
0
真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第3章 アタマからハートへの大転換

『真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う』
[著]錦織新 [発行]すばる舎


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


1 ネガティブ思考の救世主、「ハート」へ視点を移す


◆悲観、不安、心配があると、願いが叶いにくい



 本書では、アタマからハートへ、思考から感情への引き寄せ実践の転換を提案します。これまで、「思考は現実化する」ということで、いろいろアタマで願望を考えてきたかと思います。


 ところが、アタマで考えた願望には、実現しにくい性質がもともとあるのです。


「お金がほしい」「パートナーと出会いたい」……こういう願望が生まれてくるのは、「お金がないから」で、「パートナーと出会っていないから」ですよね。


 つまり、アタマで考えた願望には、「願望が実現していない」「○○がない」という波動がふくまれているのです。

「願望が実現していない」という波動があれば、その波動が引き寄せるのは「願望が実現していない」状態です。だからこそ、アタマで考えた願望を持っている状態では、願望はなかなか実現しにくいのです。


 そこで、願いがなかなか叶わない人にオススメしたいのが、アタマで考える引き寄せから、ハートで感じる引き寄せへの転換です。


 アタマで考えるのではなくて、ハートで感じるのです。



 アタマで願望を考えると、「○○を実現したい!」と思った瞬間に、「おまえにできるはずないだろう」と、誰かの声がアタマのなかに響く、ということがよくあります。


 これはビリーフにも関係するのですが、願望を実現する大きな抵抗になってしまいます。


 人によっては、そもそも思考がビリーフで制限されているため、願望が思い浮かばない、思い浮かんだとしても実現するとは思えない方もいるでしょう。


 アタマで考えると、悲観的になったり、不安になったり、心配したり、「できない」と思ったりしがちです。


 アタマと思考を中心に引き寄せ実践すると、思考も感情も混乱した状態になりがちで、なかなか願望が実現する波動にたどり着けないのです。



 引き寄せの法則のモットーは「いい気分」という感情です。


 感情はどこで感じるでしょうか? アタマ?


 いえいえ、多くの方がハート(心臓)を指さすと思います。


 そのとおりで、ハートでしっかり感情を受け入れ、感じていくのがオススメです。


 ハートは、古今東西のスピリチュアルの伝統で、最重要視されるものです。引き寄せ実践でも、この伝統に戻りましょう。


◆「思考モード」から「感じるモード」へ



 ハートは直観(論理や理由によらない知恵)、さらには宇宙にもつながっているので、アタマ、大脳とはちがう物事の見方、感じ方ができます。


「ネガティブ思考が止まらない」「ネガティブスパイラルで思考がグルグルする」という方は多いと思います。これまで本を読んだり、セミナーに出たりしても、ネガティブ思考はなかなか改善できなかったでしょう。


 と言うのも、本を読んでいるときや、セミナーで知識を吸収しようとしているときは、大脳が活発に働いていて、あなたが「思考モード」になっているからです。「思考モード」のときは、人はネガティブに傾きやすいのです。


 こんなときは、大胆に実践を変えるのです。


 考えるんじゃなくて、感じるのです。



 考えすぎはもう卒業。徐々に感じることを始めていきましょう。


 次のエクササイズ1を試してみてください。こんな小さなシフトから、あなたの引き寄せ実践が、いえ、あなたの人生が大きく変わりますよ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7510文字/本文:8879文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次