読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1291105
0
真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 感情を感じる

『真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う』
[著]錦織新 [発行]すばる舎


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


1 引き寄せ最大の誤解「感情」


◆「ポジティブだけがいい」は間違い



 引き寄せの法則は波動に作用します。前述の通り、波動は感情で示されるため、自分の波動を知り、波動を調整するには感情に着目するといいのです。


 ですから、引き寄せの法則をマスターするには、感情をマスターすればいいということになります。


 しかし、この「感情」をどう扱うかが引き寄せ最大の誤解だと言えます。


誤解その①「ポジティブな感情だけになろうとする」


 一般的な引き寄せの法則では「感情がポジティブ」であることが重視されます。


 感情がポジティブなとき、波動は高く、簡単に言うと願いが叶いやすい、インスピレーションが訪れやすい、健康になる、想定しないミラクルが起こりやすいのです。


 すると多くの人がポジティブな感情を目指して実践しますし、そういう教わり方をします。感情がポジティブになるような習慣をさかんに取り入れたり、外向きになろうとしたりします。


 ネガティブな感情を感じようものなら、「大丈夫、大丈夫」と、即座にポジティブな言葉を自分にかけて打ち消したりします。


 感情はポジティブだけを認めて、ネガティブな感情はあってはいけないと思い込んでいます。


 しかし、日常生活ではネガティブな感情を感じる機会はいくらでもあります。


 横暴な上司、クレーマーまがいのお客さま、家族とのいざこざ……、感情を処理する方法を知らないと、ネガティブな感情はたまるばかりです。


 この状態では、願いを叶えるのはとても難しいでしょう。


誤解その②「ネガティブな感情は感じてはいけない」

「ポジティブな感情がいいんだ、ネガティブな感情はいけないんだ」というメッセージを受け取ってしまうと、「ネガティブな感情は感じてはいけないし、持ってはいけない」と思い込む方が多くいます。


 もはや「ネガティブな感情は感じてはいけない」は、引き寄せの都市伝説と言えるほどです。


 結局これで起こってくるのは、ネガティブな感情が実際にはあるのに、それがないフリをすることや、ネガティブな感情を隠蔽して、そもそも感じないようにすることです。


 これをやっていると、感情に問題が生じ、ロボットのようになってしまいます。


 自分が誰で、何を欲しているのか、何が楽しいのか、どうしたいのかがまったくわからなくなるのです。さらには、健康上の問題も起こってくるかもしれません。引き寄せどころか、別の問題が起こってくるのです。


誤解その③「波動を上げよう、上げようとしてしまう」

「そうか、願いを叶えるには波動を上げればいいんだ」……こう受け取ると、波動を上げることにばかり目が向いてしまいます。波動を上げる方法や食べ物、飲み物、習慣などいろいろありますし、それぞれに効果もあるのでしょう。


 しかし、上げよう、上げようとしたものは、いつかは下がってきます。波動も同じで、波動を上げようとすると、ちょっとの間はよくても、そのあと波動が落ち込みがちです(その人によります)。ですから、上を見るばかりでは、うまくいかないことがあるのです。


◆取り扱い上の2つの原則



 感情に関しては、これまでこういった問題点、限界がありました。


 実は、波動を調整するため、感情を取り扱う際に注意すべき2つの原則があります。


①感情はポジティブもネガティブもすべて感じてあげること

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7512文字/本文:8878文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次