読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1291330
0
心霊 本当にあった怖くてちょっといい話(KKロングセラーズ)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あとがき

『心霊 本当にあった怖くてちょっといい話(KKロングセラーズ)』
[編]河越八雲 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本の代表的な古典である『古事記』には、国生みということが書かれていますが、国生みとは「人を作る」ということなのです。


 それを教えて下さったのは、中国研究家の中村桃里先生でした。


 中国の昔の賢人、孟子は

「人は口を開いて、天下国家を論じるけれど、天下の本は国にあり、国の本は家にあり、家の本は身にある」と教えています。


 実に一人の力、天下を起こし、一人の悪、国を衰亡に導くものです。


 人心の危うきは、今日に限らず、中国のような大きな国家でも、則天武后などの成り上がりの夫人が、天下を乱して、人民を苦しめたりしましたね。


 先般の、香港のデモについては、国の方向性をしっかりと作り上げるために必要な運動であったと思うのですが、日本では、野党からも与党からも、何も発信がないのは不思議なことです。国家には精神的支柱がなければなりません。


 また、一人ひとりの心にも、正しい心のあり方が必要です。


 お釈迦様も、中国の孟子も同様なことを言っています。



 本書では、霊が存在するというたくさんの事例を紹介してあります。


 過去、現在、未来は車輪のごとく、ぐるぐる回っています。


 浮世は流れる水のように、果てしなく続いています。この中にうごめいている諸々は、あるものは浮き雲のように財欲に心奪われて、低劣な娯楽に酔い、ただ生を貪り、死が近づくのをさえわからないでいます。


 木の葉に宿る朝露に目を止めてみてください。露玉は美しいけれど、朝日が昇ればすぐに消え失せてしまう。いつも、はかない命です。


 地球上にうごめく人類の命は、無限の大宇宙に比して、朝の露に等しく、はかない命です。



 人生は刹那です。


 ですから、有限の時間をいかに生きるかを、人々は模索してきました。


 古今の古典をひも解くと、何とも多くのあの世の話が出てきます。


 中には、願望が作った夢物語もあるかも知れませんが、かくも多く、あの世からこの世へのメッセージがあることでしょう。


 そして、あの世から見守ってくれている霊の多いことに驚きます。


 神仏を信じる心が、とても大事なんだということが事例として多いですね。


 速やかに魂の本質に目覚め、魂の力に目覚めて頂きたいという願いを持って、本書をまとめてみました。


 本書をまとめる機会を与えて下さいました株式会社ロングセラーズの皆様に心より感謝申し上げます。


 また、多くの方にご寄稿いただきました。貴重なご体験をご披露くださいまして、まことにありがとうございました。


 本書が、何かしら、皆様の心の琴線に触れ、人生の再建に役立ちますように、祈念しております。



  二〇一九年七月吉日

編者記す  

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1086文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次