読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1291721
0
その症状、ガンのサインかもしれません
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
悪性リンパ腫リンパ節の腫れがひかないときには血液内科へ

『その症状、ガンのサインかもしれません』
[著]佐藤典宏 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


どんながん?


 悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんのひとつで、白血球の一種であるリンパ球ががん化した病気です。全身に分布するリンパ系組織(リンパ節、(きよう)(せん)()(ぞう)(へん)(とう)(せん))およびリンパ節以外の臓器(胃、腸、甲状腺、脊髄、肺、肝臓、皮膚など)から発生します。


 日本では1年間に約2万9400人が悪性リンパ腫と診断されます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:670文字/本文:857文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次