読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1292081
0
お金と愛をつれてくる虹色鳳凰の招き方・もてなし方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二章 令和の時代の幸せは鳳凰がもたらす

『お金と愛をつれてくる虹色鳳凰の招き方・もてなし方』
[著]龍羽ワタナベ [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


鳳凰の時代の新皇后陛下


 日本では平成から令和へのお代替わりに伴い、皇太子妃であった雅子さまが新皇后陛下となられました。


 周知のように、雅子さまはハーバード大学という世界的な超難関大学をご卒業後、外交官としてキャリアを積まれましたが、その職を辞して皇室に嫁がれました。


 上皇后の()()()さまや(あき)(しのの)(みや)()()()さまが、お勤めのご経験なく結婚されているのに対し、雅子さまは外務省での仕事を経験なさった上で皇室に入られたのです。それゆえに皇室という特殊な世界で、困難を感じられることも多かったことでしょう。


 しかし、仕事で(つちか)われたご経験は、皇后陛下という新たなお立場においても大いに()かされています。


 (なる)(ひと)天皇ご即位の直後に来日した、アメリカのトランプ大統領夫妻をもてなす皇后雅子さまのご様子は素晴らしく、その高度な語学力の頼もしさや思いやりのある対応力、洗練された物腰に、日本中から感嘆の声が上がりました。


 鳳凰は皇后の象徴です。雅子さまの生き方やありようは、まさしく鳳凰そのものです。鳳凰は単独でも(いん)(よう)のバランスが取れた完全な存在でありながら、龍というパートナーと寄り添うことで新たな役割を獲得し、パートナーのパワーを増大させるとともに、自分自身もより強い輝きを放ちます。


 キャリアウーマンとして男性に()して大活躍されていた、独身時代の雅子さまの姿は、男性性と女性性の両方を持ち合わせる鳳凰に重なります。そして、鳳凰が龍と一緒になることで女性性となるがごとく、皇后陛下となられた雅子さまも、妻としての役割を果たされながら、内助の功で天皇陛下をお支えになっています。


 そして、同時に皇室外交においては、かつてのキャリアを活かしながら素晴らしいお力を発揮されています。


 皇室に入られて以降の雅子さまは、お()()ぎ問題などで精神的なプレッシャーにさらされ、流産や心身の(やまい)など、多くのつらいご経験をされています。ご病気のためとはいえ、ご公務を十分に果たせない状態が長く続いていたことにも、さぞ心苦しい思いをされていたことと思います。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4941文字/本文:5866文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次