読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1292084
0
お金と愛をつれてくる虹色鳳凰の招き方・もてなし方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五章 虹色鳳凰に好かれる、虹色鳳凰のもてなし方

『お金と愛をつれてくる虹色鳳凰の招き方・もてなし方』
[著]龍羽ワタナベ [発行]PHP研究所


読了目安時間:28分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


虹色鳳凰に好かれるファッションのポイント


 ()(しき)(けん)(らん)の羽をまとっているその美しい姿が示すように、虹色鳳凰はとてもおしゃれで、華やかなものが大好きです。


 私たちのファッションも、TPOをわきまえた上で、暗くくすんだ色合いよりは華やかな色合いのものを選ぶほうが、虹色鳳凰に喜んでもらえます。


 女性はとくに、黒や白のモノトーンの服ばかりを着ていると、運気が下がります。モノトーンがよくないというわけではなく、モノトーン「ばかり」になるのは好ましくないということです。


 鳳凰は皇后のシンボルでもありますから、女性の場合は「女性らしさ」もポイントになります。といっても、過度にヒラヒラ、ゴテゴテとしたデザインである必要はありません。品よく女性らしさを感じさせる、エレガントなスタイルが「虹色鳳凰のオーラ」をもたらし、華やいだ空気感で場を明るくなごやかにします。


 男性の場合は、革靴をしっかり磨き上げておくことを忘れずに。虹色鳳凰のような「輝き」を意識し、身につけるもので光るべきものはきちんと光らせておきましょう。


 男女ともに、機能性だけを重視したシンプル過ぎる装いは寂しいものです。虹色鳳凰も、機能的には無駄にも見えるあの長い羽をつけていますし、自動車のハンドルと同じく、適度な「遊び」はファッションにも必要です。


 とくに精神的なエネルギーがダウンしている時は、明るい色のものや光るものを身につけるとエネルギーがアップして気分が明るく、前向きになります。


 自分の姿を鏡に映した時、明るい色や光りものを身につけていると、実際に顔色も明るく見えます。そんな自分の姿を見れば、気分が晴れます。


 反対に、鏡を見た時、暗いトーンのファッションで自分の顔色もくすんで見えたら、それだけで気分が落ち込んでしまいますよね。もちろん、他人に与える印象も大きく変わります。虹色鳳凰を意識し、服やアクセサリーに気を配ることは、単なるおしゃれにとどまらない効力があるのです。


 また、パワーストーンを身につけたり、持ち歩いている人の中には、その効果に過大な期待をかけている人も少なくないようです。


 パワーストーンはそれぞれ効果も違えば、持つ人との相性もあります。その時々の自分自身の体調やエネルギーレベルによって、同じ石でも合わなくなることがあります。合わない石を持つと、かえってエネルギーのバランスが崩れてしまう可能性もあるので注意が必要です。


 パワーストーン類には「これを持っていると気持ちが落ち着く」といった、自己暗示的な効果が得られる面もありますが、あまり頼り過ぎるのも考えものです。


 虹色鳳凰は自立した存在です。どんなものにも依存し過ぎないスタンスを保つことも、虹色鳳凰に好かれるポイントです。


「手当て」で身体を(いや)

「心配ごとが大きくて胃がキリキリ痛む」「緊張し過ぎて下痢をした」などの経験は、誰しもあるのではないでしょうか。


 中医学(中国の伝統医学)の世界では、内臓と感情は密接な関係があるといわれています。「(しん)(しん)(いち)(によ)」、つまり心と身体はつながっているのです。



 感情が身体にもたらす影響について、(いん)(よう)()(ぎよう)(せつ)に基づいた見方をご紹介します。


 怒ってばかりいると、()(エネルギー)を消耗し、「肝臓」を悪くする。喜びを求めてばかりいると、氣が緩み「心臓」によくない。思い悩んでばかりいると、氣が停滞し、「胃腸」の調子が悪くなる。悲しんでばかりいると、「肺」の氣が消耗する。恐れや驚きの感情は、氣を下降させ、「腎臓」や下半身に問題が出やすくなる。


 どうですか? 何となく思い当たることはありませんか?


 これを知っていれば、たとえば「肝臓」の調子が悪い人は、あまり怒らないようにすると、「肝臓」の調子がよくなることが期待できます。


 意識して感情をコントロールしたり、性格的な傾向を変えることで、内臓の状態をよい方向に変えられる可能性があるのです。



 鳳凰は愛の象徴です。虹色鳳凰がそばに近づきたくなるのは、愛に満ちた人です。まずはあなた自身の身体を、愛をこめて(いたわ)り、大切にしてください。


 毎日二四時間休まず働いてくれている自分の内臓たちに、感謝を伝えてみませんか? これは自分の内臓を愛し、ひいては自分を愛することにつながる究極の癒しであり、内臓の調子が上向くことも期待できます。


 女性は右手が下、男性は左手が下になるように両手を重ね、心臓や胃など、内臓がある箇所に当てます。そして、その内臓に話しかけます。

「私の心臓さん、二四時間休まず働いてくれてありがとう。これからもよろしく」

「私の胃さん、最近ちょっと暴飲暴食気味で、働かせ過ぎてしまってごめんなさいね。でも、頑張ってくれてありがとう」


 そして、その内臓がある箇所に向かって(ほほ)()みかけてください。言葉で話しかけなくても、手を当てて微笑みかけるだけでも効果はあります。


 内臓の中でとくに弱っているところや、気になるところから始めても、身体の上のほうから順番に、あるいはまったくランダムに行ってもかまいません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:11646文字/本文:13778文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次