読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1292215
0
あきらめると、うまくいく − 現役精神科医が頑張りすぎるあなたに伝えたい最高のマインドリセット −
2
0
13
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
媚びない

『あきらめると、うまくいく − 現役精神科医が頑張りすぎるあなたに伝えたい最高のマインドリセット −』
[著]藤野智哉 [発行]ワニブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
13
| |
文字サイズ

「媚びる」とは、相手に気に入られるために、相手が喜びそうなポイントを素早く察知することで相手の機嫌を取ろうとする行為です。


 本心とは違った言動で誰かに媚び、自己嫌悪に陥ったという苦い経験を持っている方もいるでしょう。


 それでも媚びてしまうのは、その相手が持つ権力、名声などを眩しく感じているからです。相手の意見に同調することで、その威光を自分の目的を達成するため、あるいは日常生活を円滑にするために利用しようという下心があるからです。


 媚びることを「コミュニケーション」だと勘違いしている人も多いようです。上司だけでなく、女友達、スクールカースト上位にいるクラスメイトに対して媚を売ったことがあるという人もいるでしょう。


 仲良くなりたい人に対してはお世辞を上手に使う人がいます。ときには、明らかにお世辞だとわかるようなことを言っても、言われた相手は悪い気はしないようです。


 媚びる人は、親しくなりたい人に対して、意見や行動をできる限り相手に合わせ、本音と建前を上手に使い分けています。



 しかし、それは自己満足に過ぎないとしたらどうでしょうか。媚びた相手の頬が瞬間的に緩んだとして、実は心の中で媚びた人間を軽んじていたり、(うっ)(とう)しいと思ったとしたら?


 繰り返しになりますが、「媚びる」という行為は相手に嫌われたくないという気持ちの表れです。相手が攻撃してくることを無意識に防御する行動ともいえます。


 なぜ相手が攻撃してくるのか。その根本を解決しないまま、相手に媚びることで、知らず知らずのうちに相手のペースにハマってしまっているのです。そこには自発的なあなたの姿はありません。


 また、媚びることが染み付いている人は、立場が下の人間に対しては、威圧的に振る舞うことがあります。ある意味それは、媚びることを強いているともいえます。


 人に対して気に入られるような振る舞いは、やがて習慣化して、相手からもっと強い刺激を求められることもあります。


 なぜなら、媚を売られることに慣れた人は、それ以上の刺激がないと満足しないからです。麻薬と同じで、永遠にその心地よさから抜け出すことはできないのです。



 媚を売る側も継続的に媚び続ける必要が出てきてしまい、すり減り続けます。


 疲れたからといって、媚びる行為をやめるわけにはいきません。なぜなら、媚を売られる側は、もうその状況を当然と考えるようになっているからです。前触れもなくお世辞がなくなったら、裏切られたと感じるでしょう。最初から媚を売らなければよかった、と思ってもあとの祭りなのです。


 一方、媚びるという行為は、実は相手の心の中にズケズケと入っていく()(しつけ)な行為ともいえます。私があなたのことをこれだけ持ち上げているのだから、あなたも私によくしてよ、という考えが見え隠れしています。


 しかし、もしあなたが本当に相手を尊重していたら、そんな行動には決して出ないのではないでしょうか。


 あなたが自分らしくいるためには、相手がどう思おうが気にしない、という態度を貫くこと。


 媚を売って誰かの歓心を買おうとしなければ、あなたはきっと自分らしい人生を送れるはずです。


summary

・自分にも相手にも尊敬の気持ちをもつ

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
13
残り:0文字/本文:1336文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次