読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1292366
0
人生で一番大切なのに誰も教えてくれない 幸せになる技術(きずな出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
幸せな人は、幸運と不運を区別しない

『人生で一番大切なのに誰も教えてくれない 幸せになる技術(きずな出版)』
[著]上阪徹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 仕事をしていると、運・不運に見舞われることがある。就職活動も運・不運があるし、仕事の配属、関わるプロジェクトなどでも運・不運はある。


 私など、就職活動はすっかり玉砕してしまった。20代の頃は、その不運を呪っていた。「どうしてうまくいかないのか」と自分を責めた。うまくいっている人たちを羨んだ。


 おまけに転職も納得いくものにはならなかった。コピーライターにはなれたものの、労働条件が厳しかった。裁量労働制の新会社で、残業代がなかった。労働時間は前職から比べると圧倒的に長く、給与は大きく減った。さらなる転職をしたら今度は会社が倒産。不運の塊のようだと思っていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1731文字/本文:2012文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次