読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1292847
0
1ミリでも距離を縮めたい“彼女”になる(大和出版) がんばらなくても愛される恋のルール
2
0
21
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 彼が愛したくなる“距離”がある

『1ミリでも距離を縮めたい“彼女”になる(大和出版) がんばらなくても愛される恋のルール』
[著]高橋あい [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
21
| |
文字サイズ


 距離を制する者は、恋愛を制する。



 この本を手に取ってくださりありがとうございます。


 あなたは彼に愛されて大事にされる、幸せな恋愛がしたいですか?


 それとも、彼からの連絡や誘いを、


 スケジュールを空けて待ち続ける恋愛がしたいですか?



 もしあなたが、“一緒にいるからこそもっと自由に、もっとあなたらしく幸せになれる”恋愛や結婚を手に入れたいのなら、本書は必ずお役に立てるはずです。



 私は現在、恋愛コンサルタントとして活動しています。4年間で1000人以上の女性のご相談に乗り、恋愛・結婚のサポートをしてきました。


 私自身は、20代前半で結婚と離婚を経験。10年間のシングルマザー生活を送り、最愛の夫と出会い、再婚しています。6年経つ今、新婚の頃にも増して私のことを本当に大切にし、いつも「大好き」だと夫は言ってくれます。


 3児の母であるにもかかわらず、全国を自由に行き来し、大好きな仕事ができているのは、「あいちゃんの思うようにしたらいいよ」と言ってくれる夫がいるからこそです。


 そんな私の恋愛講座に通ってきてくださる生徒さんからは、次のような声をいただいています。


♡デートに誘われても2回目に繋がらない。お付き合いが始まらない……。

好きになった彼から2回目のデートで結婚前提の告白を受け、入籍できた!

♡付き合う前に体の関係になったり、付き合えてもなかなか会えなかったり、音信不通になって終わってしまう……。

新しくできた彼からは、付き合って4ヵ月でプロポーズされ、出会ってちょうど1年で結婚できました♪

♡恋愛も仕事もプライベートも真面目すぎて空回りしてしまう……。

大好きだと言ってくれる“追われる恋愛”を満喫中です。



 はじめは、「私には、幸せな恋愛・結婚は一生できないんだ」「少し不幸くらいが、私にはちょうどいいのかな」と思っていた人でさえも、“男ゴコロの極意”と“振る舞い方・考え方”をお伝えすることで、必ず全員が“幸せになるルート”を見つけています。



 今では、そんな究極の恋愛ノウハウをお伝えしている私も、以前は本屋さんで片っ端から恋愛本を買い、読み漁っていた“超”こじらせ女子でした(私の離婚は、こじらせていたからこその結果です)。


 恋愛のスペシャリストの方々には、本からたくさんの“知恵”を授けていただきました。



 そして、何年もトライ&エラーを繰り返し、恋愛下手から卒業した頃には、自分の中に、ある“キーワード”を見つけたのです。



 それは、恋愛や結婚、パートナーシップをマスターするための最重要ファクター。


 本書のテーマになっている“距離感”です。



 もしあなたが、

「彼とうまくいかないのは、私の頑張りが足りないからなのかな……」



 と思っているのだとしたら、それは間違い。



 男性には、実は女性を愛したくなる“距離”があるのです。



 男性の心が動く“距離感”がわかれば、安心して彼との距離を詰めたり、離したりと、加減しながら二人の関係を動かせるようになります。



 距離感がわからないと、不安になったり、じれったくなったりして、何かせずにはいられなくなる。


 でも、それは逆効果です。


 一方で、自分を出すことが怖くて、三手先まで考えては無難な対応を取ってしまう。


 これもまた、逆効果。



 距離は、詰めすぎても、詰めなさすぎても、うまくいきません。


 気持ちが自然に盛り上がる、二人がうまくいく“距離感”がある。



 本書では、

・彼が追いたくなる“距離”はどうやって作ればいいのか?


 そして、女性が意外にわかっていない、

・相手選び

・男性心理


 そして、一生続く愛を育てるための、

・マインドのつくり方


 についてお話ししたいと思います。



 読み終わる頃には、愛される距離感を試したくなるはず!



 自分の心持ちと、相手を知る冷静さをベースに、

「今の自分と彼の距離感はどうかな?」


 と客観的に見ながら、恋愛を楽しんでいただけたらと思います。


高橋あい

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
21
残り:0文字/本文:1612文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次