読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1293179
0
雑談がおもしろい人、つまらない人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに インプロが教える「世界一簡単な雑談のルール」

『雑談がおもしろい人、つまらない人』
[著]渡辺龍太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

皆さんは、

「雑談のおもしろさ」って、

何で決まっていると思いますか?


「話の内容」?

「頭の回転」?

「口のうまさ」?


実は、どれも違います。


いくら話の内容がおもしろくても、

場違いなテンションで話してしまうと

盛り上がりません。


頭の回転がどんなに速くても、

相手が置いてけぼりだと伝わりません。


口が達者で話がわかりやすくても、

相手が興味を持ってくれなければ

意味がありません。


実は、雑談のおもしろさは、

話の内容でも、頭の回転でも、

口のうまさでもなく、

「相手と楽しく無理なく

会話できるかどうか」

で決まるのです。


雑談は、相手との共同作業です。

相手と自分が心地よく、

自然と会話できることが一番大切なのです。


では、相手と楽しく

無理なく会話するためには、

どんなことに気をつければ

いいのでしょうか?


実は、本書でご紹介する

雑談の基本は、

たった一つだけです。


その方法について、これから

ご紹介していきたいと思います。



 本書を手に取った方は、次のような悩みをお持ちかもしれません。


「口ベタ・人見知り」で雑談が苦手……。

相手に「話がつまらない」と思われていないか不安……。

とにかく「沈黙が訪れる」のが怖い……。



 しかし、これらはすべて、雑談の本当の役割を知らないことからくる誤解です。


 ご安心ください。本書で紹介する「雑談術」は、これまでの本と一線を画しています。



 私は、放送作家をする(かたわ)ら、「インプロ」というアドリブトーク術の専門家として活動しています。インプロとは、日本語で「即興力」「即興演劇」という意味で、その場の状況に応じて、即興で場を盛り上げる会話を行うためのコミュニケーションメソッドです。



 そんなインプロの視点から言えば、雑談のルールはとてもシンプルです。


 雑談に必要なのは、


「お互いのキャラクターを理解し合うこと」



 これだけなのです。


 この単純なルールがわかるだけで、圧倒的に会話がラクになり、自然と場が盛り上がるようになります。


 さらに、お互いのキャラクターを理解し合えばいい、ということは、それ以外のことは一切考えなくてもいいのです。


 だから、先ほどの雑談に対する悩みだって、次のように変わるはずです。


口ベタ・人見知りでも「ラクに話せる」!

話の内容に関係なく、「話が盛り上がる」!

「会話が途切れない」から、場が凍ることもない!



 これが、本書でご紹介する雑談術です。


 では、お互いのキャラクターを理解し合うためには、何をすればいいのか?


 雑談中、どんなことに気をつければいいのか?


 その詳しい話を、この後、ご説明していきたいと思います。

人生は実力よりも「雑談」で決まる


 この本でご紹介する雑談術をマスターすれば、単に雑談に困らなくなるだけでなく、相手との距離が縮まり、人間関係も変わります。


 その結果、あなたの人生を大きく変える可能性をも、雑談は秘めています。



 たとえば、人生の成功者の多くは、学歴が高いとか、才能豊かであるとか、仕事が圧倒的にできるなどといった、とてつもない実力を持っている人が多いです。


 しかし、そんな突き抜けた武器を持っている人はごく少数。


 多くの人は、学歴も、才能も、仕事の出来も、いたって普通のはずです。


 そんな普通の人が、正面切って「とてつもない実力」を持った人たちと勝負しても、なかなか勝てません。



 しかし、会社の出世競争などで、「なんで、あんな実力のやつが?」と思われる人が出世していることはあります。


 その場合、その人は間違いなく、「コミュ力勝負」で勝っています。


 コミュ力(コミュニケーション能力)を駆使して、様々な人々と信頼関係や人脈を築き上げ、自分の実力以上の成果をあげて、成功しているのです。


 仕事だけではありません。モテる、モテないとか、人から信頼される、されないといった、プライベートも(ふく)めた人生のあらゆる待遇の違いも、コミュ力で決まっていることも多いのです。



 では、人生を実力勝負から「コミュ力勝負」に持ち込むには、どうしたら良いのでしょうか。


 その答えが「雑談」です。

「どこでも誰とでもスムーズに雑談できる人になる」ことが、人生をコミュ力勝負に持ち込み、成功を収める秘訣なのです。

「インプロ的雑談術」でコミュニケーションも人生も激変する!


 とはいえ、私は、雑談が下手だと幸せな人生が送れない、と言っているわけではありません。本書の中でお話ししますが、私もインプロを学び、雑談の力で人生が大きく変わった1人です。


 だからこそ、「こんなにシンプルで、誰でも身につけられる雑談のルールを知らずに、大変な実力勝負ばかりしているなんてもったいない!」という気持ちが強いのです。



 本書では、キャラクターの理解に重点を置いた、「インプロ雑談術」について、余すところなく紹介します。


 まずは、その心構えやテクニックを身につけて、「雑談って、こんなにラクで、おもしろいものだったんだ!」という感覚を味わってみてください。



 そして、余裕が出てきたら、その感覚を持ったまま、今まであまり雑談できなかった人や場面で、積極的に雑談をするようにしてみてください。


 そうすれば、人間関係も大きく変わり、雑談の力で「ラクして得する」人生が開けてくるはずです。



 ではさっそく、「インプロ雑談術」の世界を、一緒に見ていきましょう!

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2178文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次