読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1293487
0
なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか?(大和出版) 今度こそ、あなたの恋愛がうまくいくたった1つの方法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 連戦連勝で数多くの男性から一人を選びましょうよ! 恋愛戦闘力を爆上げしよう

『なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか?(大和出版) 今度こそ、あなたの恋愛がうまくいくたった1つの方法』
[著]吉沢詩乃 [発行]PHP研究所


読了目安時間:20分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


好きな人にだけ好かれたい女性が
うまくいかないわけ


 連戦連勝で素敵な男性に選ばれる女性には、特有のビジュアルとコミュニケーションがあります。この2つを磨いて恋愛戦闘力を爆上げし、モテ無双する方法を解説します。


 婚活がうまくいく女性のスタンスは「みんな私のことが好き♫」、婚活で苦戦する女性のスタンスは「たった1人の好きな人にだけ好かれればいい」です。


 好きな人にだけ好かれればいいという考え方は、一見すると謙虚で欲張りでなく、すぐに実現できそうに聞こえます。でも実はこの考え方が、あなたの婚活を一番難しくしてしまうのです。その理由は、2つあります。


 1つめの理由は、「慣れ」の問題です。男性と出会ってコミュニケーションをとり、相手から好かれるというのに、ある種の慣れが必要です。たとえばあなたが営業の仕事をはじめた時に、はじめたてよりも2年・3年、10年とキャリアを重ねたほうがスキルが上がり、営業成績が上がりやすくなるはずです。それは、場数を踏んで引き出しが増え、慣れるからです。恋愛や婚活もコミュニケーションの一種なので、慣れと場数が勝負。「出会い〜告白される」までを何回も経験することで、飛躍的に好きな人ともうまくいく確率が上がります。男性から選ばれることにも、慣れが必要なのです。


 2つめの理由は、「タイミング」の問題です。好きな人にだけ好かれたい女性は、相手の男性を見定めてから好かれるための努力をしようとします。「どんな人なのかな?」「信用できる?」などなど、相手を観察しながら、自分の中のゴーサインが出るまでは関係が進展しないようにするのです。でもこれ、男女の特性からするとすごくもったいないのです! 好きになる時の熱量は、男性は出会い初期に一気に上がり、女性は緩やかに上昇します。女性からするとゆっくり相手を見定めたいところですが、関係を発展させるには、初期の男性の熱量の高さに乗っかることも必要(2人の関係はお付き合いしてからゆっくり育てればいいのです♡)。


 逆にそのタイミングを逃して、男性がアプローチをあきらめてから女性が追いかけると、いまいち関係が進展しません。ではどうしたらいいのかというと、「好きな人にだけ好かれる」というスタンスを変えること。好きな人にだけ好かれるスタンスから、出会う男性みんなから好かれて当たり前、というスタンスに変えるのです。


全方位モテ無双モードに入ろう


 出会う男性みんなから好かれて当たり前、という状態を「モテ無双モード」とハイスペ総研では呼んでいます。それこそ、本当にどんな女性も、敵無しのモテモテ状態になるからです。具体的には、10人デートしたら8人の男性に告白された、1週間で3人のハイスペ男性に告白された、5人の素敵な男性に結婚前提の交際申込をされた、デート相手に毎回ベタ褒めされる、などの報告が毎日のように受講生さんから届いています。それも、年齢は一切関係ナシ!



 モテ無双モードに入るには、「全方位モテて当たり前」「出会った男性から選ばれて当たり前」という状態になることを決意することです。「もし可能ならモテたいな〜」という程度じゃダメです。「モテる!しかも全方位モテ無双!」と決めてください。今、自宅にいる方は、ぜひ呟いてみて!(公共の場にいる方は心の中でね)。


 受講生さんにお伝えしているのは、「新たに男性とデートしたら告白される」というのを工場のベルトコンベアのように再現できるようになってくださいね、ということ。デートしたら、頑張らなくても自動的に好かれて告白されるようになってしまうのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8051文字/本文:9531文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次