読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1293518
0
生涯、超一流であり続ける人の 自己演出力(大和出版)
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 ノックの仕方で、誰だかわかる。自己表現とは、誰だかわかるということだ。

『生涯、超一流であり続ける人の 自己演出力(大和出版)』
[著]中谷彰宏 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 演出は何もドラマだけのことではありません。


 日常生活の中にも演出はたくさんあります。


 演出力は、「感じのいいこと」と、「感じの悪いこと」を感じ取る力です。


 クヨクヨする人は演出に向いています。


 たとえば、スターバックスで、お店から出ようとして重いドアを押している人がいたので、ドアを開けてあげる。


 相手がまったく気づかなくても、演出です。


 ふだんイラッとしやすい人、クヨクヨしやすい人は演出のタネを持っているので、それを生かせばいいのです。


 看護師さんのノックの音が人によって違います。


 病院のドアには「ノックしてください」と書いてあります。


 ドアの上の方でノックする人は、音が優しくなります。


 下の方でノックする人は、音が怒った感じになります。


 みんな叩きやすいところを叩いているのですが、怒っていたり、トイレで焦っている時は下の方を叩きます。


 ふだんより少し高いところを叩くだけで、体が上がり、音が軽くなって、感じのいい音になるのです。


 これが演出です。


 面接もノックの音で勝負が決まります。


 面接で通る人は、ドアの上の方を叩いて、軽い音がします。


 入る前に勝負がついているのです。


 演出には本人の生き方がすべて出てしまいます。


 ノックひとつで、ドアに対しての優しさ、中にいる人への優しさがわかるのです。


 演出力は、中にいる人に不快な感じを与えない叩き方を考える力です。


 初めて会う人のノックの音で、今後もおつき合いしたいか、あまりかかわり合いたくないかを判断されるのです。


 文言や画像でいくら感じよく見せようと頑張っても、ふだんしていることは出てしまいます。

「この人は感じがいい」「この人はかかわり合いたくない」ということに対して、繊細さを持つことが大切です。


 ドアをノックする時は、いつもより少し上のところを叩くように、ふだんの習慣から変えていきます。


 演出は、特別な時に特別なことをすることではありません。


 ふだんから無意識にしていることが、演出になるのです。


ここ一番で魅力的になる小さな工夫2

ドアの上の方を叩こう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:864文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次