読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1293581
0
生涯、超一流であり続ける人の 自己演出力(大和出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
58 おわりに

『生涯、超一流であり続ける人の 自己演出力(大和出版)』
[著]中谷彰宏 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

自分の欲より、
友達を優先する人が浮かび上がる。



 私が子どものころ、5人の友達でアイスクリームを食べようとなった時、A君が「僕、おなかいっぱいだからいらない」と言いました。


 それを聞いた私も「じゃあ、僕もいいや」と言って、3人だけがアイスクリームを食べました。


 その話は母親も知っていました。



 本当は私はアイスクリームを食べたかったのです。


 A君は、おなかいっぱいだからではなく、お金がなかったのです。

「僕、お金ないから食べられない」とは、子どもでもプライドがあるので言えません。


 それに気づいた私が一緒に食べなかったことに対して、「その気持ちを忘れちゃいけないよ」と、母親にほめられた時はうれしかったです。


 これが後の演出にもつながっています。


「目立ちたい」、「大きく見せたい」という気持ちが先行するのは、カッコいいことではありません。


 大勢の中で生活するためには、かわいそうな人をつくったり、悲しませるようなことはしないと考えることです。


 とぼけて「僕も、さっき食べたからいいや」と言えることが大切なのです。


 ベースは「私が、私が」ではなく、今、隣にいる友達が「お金がない」と言えないことに気づいてあげる共感性を持つことです。


 本人が共感性を感じている時は、まわりの人たちも気づきます。


 私の母親が気づいたように、まわりの思いやりに気づいてあげられるベースは共感力なのです。



  自己演出力とは、いかに自分の欲望を抑えることができるかです。


 この本に登場していただいた人に、共通していることは、ストイックであるということです。


 自己演出力とは、他者演出力です。


 他者演出力とは、「気配り」です。

「気配り」ができることが、自己演出力なのです。


ここ一番で魅力的になる小さな工夫58

自分の欲より、友達を優先しよう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:754文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次